「PCDJで遭遇したくない事柄ワースト100」

11219610_10207752891918044_501333797024306181_n

DJをCDからPCDJにして早4年。
便利になったと思う点も多いが、やらかした・やらかされたなあ、という点も多い。

現場にラップトップを持ち込んでのLIVE P.A.はもう15年くらいやっているが、ことPCDJとなると急にトラブル遭遇が増える。

それは多分、

DJが何人も出演するイベントでは、PCDJ用の機材一式を、リハーサルで動作確認させてからそのままブース脇にスタンバイさせたまま置いておくのは難しい(他にもPCDJがいるから場所も無い)

にすべてが起因するトラブルである。

つまり、ぶっつけ本番を毎回するのと同じである。
出番直前になってから、あたふたとラップトップやインターフェイスの設置、オーディオの配線などをしないといけない。しかし、DJブースから音を止めるのは御法度である。前のDJがアナログターンテーブルでやっていても、CDJでやっていても、別のPCDJでやっていても、音を止めずに自分のPCDJへとスムーズにバトンタッチしないといけない。

これ、結構綱渡りである。

ラップトップを持ち込んでのLIVEを何年もやっているが、それより難易度が高いように思える。

PCDJの時に遭遇したくないトラブルは、こんな感じ:

  1. ラップトップやコントローラーの置き場がどこにも無い
  2. タンテケースの上に置こうと思ってもケースが無い
  3. タンテケースの上に置けたとしてもアームの上のドーム状の出っ張りが邪魔で水平に置けない
  4. 電源タップが全部ふさがってる
  5. 電源タップの周りがたこ足配線でわけが分からない、おまけに暗い
  6. ミキサー裏がたこ足配線でわけが分からない、おまけに暗い
  7. しかもミキサーの裏に手が届かないから手前に出そうとしても今は前のDJがプレイ中でそこまで出来ない
  8. インターフェースに差し替えようとケーブル抜いたら何か間違って抜いて、今DJやってる人の音を止めた
  9. DJM-850裏側のLINE端子にはDIGITAL/LINEのスイッチがあり、それをLINEに切り替えないといけないのに手が届かない
  10. USBケーブルを家に忘れてくる
  11. 前のDJが激しく動き繊細なスクラッチをしまくる豪腕ターンテーブリストで、近づくことすら難しい
  12. DJ前に、突然のWindows Updateがかかり、再起動
  13. スリープ状態から戻すとUSBで接続したコントローラーが認識してくれない
  14. DJ中にラップトップごとハングアップして再起動を余儀なくされる(もちろん音が止まる)
  15. そのまま二度とPCが起動しなくなる
  16. ラップトップの天板に威勢良く貼りまくったステッカーが悲しい
  17. マイクのケーブルが引っかかってラップトップを床に落とす
  18. 次のDJもPCDJで自分のDJ中に準備を始めるが何やらトラブってて修羅場
  19. DJ後、ACアダプターを現場に忘れて家に帰る
  20. ラップトップごとを現場に忘れて家に帰る

もっと探せば100くらい余裕でありそう。

半分くらいは経験してる気がする。(多い?)

CDが一番安パイであることに間違い無く、何もかもPCDJにするのは考え物だなぁ、と思う最近である。

スポンサーです