これ、買いました。 「飛行機の乗り方」パラダイス山元著

DSC07440

パラダイス山元さんの「飛行機の乗り方」。
これがもう、面白くてたまらない。

あらゆる路線に乗りまくり、全て機内で執筆されたこの本は、「乗り方」というタイトルと、ポップなカバーイラストから、「なんだか楽しい飛行機の話かな~」と想像して読むと、とんでもなく深く、そして細かく、そして狂った話の数々が、丁寧かつリズム感のある文体で怒濤のように押し寄せてくる。

パラダイス山元氏の持つ、静かな中にある知性と残酷性と狂気がポップにオブラートされていて、軽い気持ちで手に取れるけど、じっくり中身を見るとガツンとやられる感じのグルーヴが、最後まで貫かれているのがとても痛快で気持ちいい。

ガイドでもなく啓蒙でもなく、その道に進んで入った者だけが見た何かを、どこかにいるであろう同好の士に対して、針に糸を通すような共感ポイントを圧倒的な深さで共感し合う、そんな本です。飛行機はまさに「道」であると感じさせられます。空飛んでるけど。

まだまだ読んでる途中ですが、一気に読んでしまうでしょう。

機上での読書には本書と、弊著「全国飲食チェーン本店巡礼」も併せて読んでいただくと、充実かつ快適なフライトを楽しめるかと思います。

DSC07441

スポンサーです