カーナビの終着点はこのアプリか?

カーナビってここ数年、トレンドが大きく変わってきてますね。
2DINサイズのものもまだまだ主流ですが、ポータブル型のものが随分安く、かつ高機能になってきて、手軽になってきたように思えます。僕が記事を書いたカーナビタイムなんかもその最先端でしょう。

ナビというのはなかなか厄介なやつで、内装パネルの形状がデザインされ尽くしてしまって、ナビが後付けできない車というのも結構多いんです。特にシトロエンとかアルファロメオなんか絶望的w 日本車でも多いですけども。

で、今はiPhoneをカーナビにできるアプリ「NAVIelite」を使ってます。ほぼ1年間使い続けたかな。

1年間の利用権利で3800円。iPhoneアプリで3800円というと「うわぁ、高い!」と思ってしまうわけですが、いやいや、これはカーナビですよ… 上で紹介したカーナビタイムがおいくらするとお考えで…

破格の安さ、なのかも知れません。

まあ、使い方によっては、iPhone標準のGoogle Mapで済んでしまうこともあるでしょうけど、カーナビとしてのアレコレを求めようとすると全然足りません。

何しろこのNAVIeliteの持っている情報量は半端ないのです。地図情報、スポット情報全部入って2ギガ! そして詳細地図も無料で2ギガ分アドオン出来てトータル4ギガ!

電波の届かないエリアに入っても全く問題なし。そして渋滞情報もリアルタイムにガンガン読み込む! 交差点の名前も音声で読み上げる! その時iPodで曲を再生していたら自動的フェードアウト・フェードインしてくれる! なにより使い勝手がいい!
ナビにもいろいろあって、中には使い勝手の悪いやつもあるんです。分かりにくいUI、見づらいマップ、不細工の文字のレイアウト… 今はポケット型のナビの全盛期ですが、新規参入してきたナビのノウハウの無いメーカーのものなど、結構ヒドイのあるんですが、NAVIeliteは長年のナビ作りのノウハウがあるようで、使ってて気持ちいいのです。

この店だって出てくるし

当たり前のように高速道路の入り口と出口も示してくれるわけです。

まあ難点といえば、容量のでかいアプリなので、アップデートの時に結構難儀すること。iPhoneの残り容量をたくさん目に空けておかないとアップデート出来ないので、そこが面倒。

それ以外はもう完璧! 次に乗る車も、ナビはこれで行こうと思います。

スポンサーです