今、マヨネーズを語ろう。

keeped-bottle

こんな時代だからこそ、マヨネーズを。

マヨネーズは魔法の調味料だ。これさえかければ、どんな食べ物でも美味くなってしまう。
だからグルメ好きとしては、マヨネーズの種類にはこだわりたい。
料理に合わせてワインを使い分けるように、マヨネーズを使い分ける。

冷えたお好み焼きだって、カスカスな屋台の焼きそばだって、マヨネーズさえあれば最高のグルメだ。
うどんやラーメンにもイケる。おでん、焼肉、しゃぶしゃぶだってイケる。マヨネーズは、僕らの強い味方だ。

でも採りすぎるとヤバいらしい。なんせ、カロリーが高い。あとコレステロールもだ。
欲望は罪なのか? マヨネーズをかけたいというわがままは男の罪なのか? それを許さないのは女の罪だと思う。なぜなら、今やマヨネーズのバラエティは凄いことになっている。

ちょっと整理してみようか。

4901577000058M

まずは定番中の定番、キユーピーのマヨネーズだ。マヨネーズといったらこれだろう。90年近い歴史があるらしい、日本のマヨネーズの金字塔だ。やたら安心する味と程よい酸味が強烈に癖になる。赤のチェック模様を見るだけでよだれが出る。ただしカロリーもコレステロールもお構いなしだ。

4901577031083M

キユーピー・ハーフ。「味はそのままにカロリー2分の1」というのがメーカーの売り文句だ。何でも脂の分子を細かくして、量を減らしても舌が感じる快感度合いを同じにしたらしい。ハイテクだ。CMに出てる福山雅治も真っ青である。でも味が同じならなぜ元のマヨネーズは廃盤にならないのか?とも思う。が、50%カロリーカットは偉い。

4901577022531M

キユーピー・ライト。こいつはさらにハード・コアなやつだ。なんとカロリー75%オフと言うではないか。流石に味はオリジナルとは異なるが、マヨネーズだと認識できる味になっている。これでカロリー減ったぞ!と喜ぶのではなく、「いつもの4倍使えるぞ」と思うと幸せになれると思うな。

4901577022548M

キユーピー・ゼロ。これはコカコーラ・ゼロとは違い、カロリーゼロではない。あくまでも、コレステロールがゼロだ。コレステロールは卵黄に含まれていて、採りすぎると血液がドロドロになるらしいので要注意だ。そういう人はこのキユーピー・ゼロを食べまくると良い。カロリーだって半分だという。いつもの倍使ってやっと普通のマヨネーズと同等、かつコレステロールはどれだけ食ってもゼロだ。奇跡の商品だと言えよう。ただしマヨネーズ感は弱い。

4901577057748M

キユーピー・ディフェ。なんとコレステロールを下げる、のだという。ホントかよ。一体このマヨネーズはどんな成分で出来てるんだ?と言いたくなる商品。健康食品扱いで特保マークまで付いている。植物性ステロールが含まれているからコレステロールが吸収されにくいのだという。カロリーも半分だ。だとすると上のゼロを買わずにこっちでいいんじゃないか?

マヨネーズシェアトップのキユーピーの製品群は実に充実していると言えよう。

次はシェア2番手の味の素、「ピュアセレクト」シリーズである。
味の素のマヨネーズはキユーピーと比べると全体的に酸味が弱く、やや甘みがあり、パンチに欠ける味付けとなっている。サラダに使用したときにマヨネーズの主張は弱めだ。だがそれが好きだ、というファンも多い(予想)。俺もどちらかというとピュアセレクト派である。

1

これが味の素・ピュアセレクトのレギュラー。味の素マヨネーズの基準である。甘みがあり、パンチに欠けるが、邪魔しない。縁の下の力持ち的な味付けとなっている。ピュアセレクトシリーズの売りとして「採れたて3日以内の卵」というのがある。それをどう感じたら良いか分からないが、新鮮なんだろうなぁ、と想像しながらドバドバ使おう。ただしカロリー、コレステロールともに充実している。キユーピーもそうだが、レギュラークラスのものは大さじ1杯(15g)で100キロカロリーくらいあると覚えておこう。
ちなみにセブンイレブンのPBで売られているマヨネーズは味の素のこれだ。

2

味の素・ピュアセレクトコクうま 65%カロリーカット。キユーピー・ハーフに対抗すべく、50%ではなく65%まで踏み込んだよ!それでもコクがあってウマいよ!と銘打った意欲的製品。採れたて3日以内の卵でカロリーが65%オフでコクがあってウマいんだから、まさに夢の製品なのではなかろうか。ただしやはりマヨネーズ的快楽指数は低めであると言わざるを得ない。あとちょっと濃い気がする。

5

味の素・ピュアセレクト スーパーローカロリー 70%カット。65%の次は70%カットと来ましたよ。たった5%の違いですが、味が結構違う! こっちは「こくうま」ほど濃さはなくて、結構サッパリとした風味。65%にしてコクを取るか、70%にして低カロリーを取るか、決断が迫られる!

3

味の素・ピュアセレクト・サラリア。これは「キューピー・ディフェ」の対抗で、コレステロールを下げるという特保のマヨネーズ。コレステロールを下げる仕組みとしては、ディフェと近いようだ。ディフェよりは味の素ルールの則り、全体的に甘みのあるテイストとなっている。マヨネーズ感は結構弱いのが残念!

4

味の素・ピュアセレクト・べに花。これはちょっと違うラインのマヨネーズで、普通のピュアセレクトシリーズよりも、べに花オイルを使用した事で軽やかな酸味が出たものとなってる。俺としては味の素には酸味は求めないので、ノーマルのピュアセレクトの、存在感の無い感じの方が好きかなー。

あとはこれも好きな人いると思う。

07dpckolol0000_015_m

松田のマヨネーズ。これはもう、徹底的な甘口マヨネーズで、味の素の甘さに飽き足らない人にはこれしか残ってない。この甘さは蜂蜜の甘さだという。甘口なので甘いマヨネーズだが、ハマる人は激烈にハマる。辛口というのもあり、それはマスタードの量の違いらしい。一時期、成分がJAS法に合ってないとかで「マヨネーズタイプ」と銘打っていたが、その後紆余曲折あって無事「マヨネーズ」に格上げ。ただしカロリーも相当あるので注意だ! 俺も松田のマヨネーズは好き。愛好者多い気がする。

という感じでのマヨネーズレビュー。

マイ・フェイバリットは、ベーシックな「味の素ピュアセレクト」です。(だから何だ)

スポンサーです