審査員しました

先週日曜日は、ミュージック空手のイベント「ミュージック&パフォーマンス in セントレア」で、去年に続いて審査員としての出席のため、愛知のセントレア空港内にあるセントレアホールに行ってました。
ミュージック空手とは、愛知県安城市にある空手組織の闘真会館が創出し、空手の演武とダンスを高度にミックスさせた新しいエンターテイメント。

去年もここで開催されたわけですが、第2回目となる今年は各所が大幅にパワーアップ。去年は地味だった音と光の演出面も、今年はしっかりPAシステムと照明もインストールされ、音圧も照明もガッツリに。
席は満席となり、満員御礼状態。ファー!

そして今回から、名古屋で活動するアイドル「ナト★カン」「究極人形 アルテマドール」のゲスト出演、プロダンサー「HAYATO」氏や、地元のダンスチーム6組の出演もあり、一気に華が増えて濃厚なステージになってました。誰に推薦しても楽しめる内容だと思います。

踊りを専門とするダンサーやアイドルとミュージック空手が並んだ時、観客の目にはどう映るのか?というのが一番興味あったのですが、全然イケていて大変感動しました。
いや~元は空手で、ここまで独自のものとして練り上げてエンターテイメントに仕立てあげて、脱帽です。
間違いなく日本よりも先に世界で評価されるタイプのエンターテイメントだと思います。
日本は何しとんじゃ!と思いつつ、アイドルという切り口としても全く新しいため、これからも新曲を作って盛り上げたいと思います。

打ち上げではマイケル富岡様や笹川総研の代表様といった高貴な方々に、自分のようなサブカル者も混ぜて頂き、最後まで大変盛り上がっておりました。

あと今回、ダンスで出演していたCANTIKというチームのダンスが、DiamRekkをほうふつとさせるキレッキレのロックダンスで、気仙沼での横丁ライジングを妙に思い出しました。もう映像上がってる。

ミュージック空手、横丁ライジングで見たい! 復活せねば!

さて写真。私はどこでしょうか?