函館への旅とDJと

函館に行ってきた。

函館という場所は、どこかに行く時に途中で寄るような場所ではなく、「函館に行こう」という目的を持って行く場所だと思う。
近年、新千歳空港へのLCC便が多く飛んで新千歳空港の利用比率が高まり、さらに北海道新幹線も開通してJR在来線の津軽海峡線が廃止されたことで、余計にそうなっている。

今回は、以前函館に行ってからもう10年以上経ってるので、少しご無沙汰となった。

今は成田空港から函館空港までVanilla AirなどのLCCが飛んでおり、土日を使ってVanilla Airの往復チケットを買った。往復で2万円を切っているのでリーズナブルである。

ただし、行きの便は成田を7:50フライトなので、神奈川の自宅から向かうには始発に乗ってギリギリ間に合う、みたいな感じである。

今回これを、平日ダイヤと休日ダイヤを間違えてスケジューリングしてしまった。
押上から京成に乗り換えようとしたところでそれに気づき、もうどうしようもなく、急遽、上野から新幹線で函館に向かうように予定を変更した。もちろんVanilla Airのチケット代は戻ってこないし、新幹線も22,000円くらいするので、大損害である…

でも、北海道新幹線に一度は乗ってみたかった、という気持ちがあるのもまた事実だ。

というわけで上野から乗り込んだ「はやぶさ」。こちらも久々の東北新幹線であり、E5系自体も初めてとなる。

E5系でのはやぶさは全席指定席となっており、切符を買おうとするともう全席売り切れ(泣)で、グリーン席とグランクラスしか空きが無い。試しにグランクラスの値段を見たら3万8千円くらい…こりゃだめ。
でも、「立席」という謎の仕組みがあったので、そちらで購入。

新幹線に乗り込むと、予想通り仙台までは満員パンパンで、デッキに座り込む。学生の旅行みたいだ。
仙台で一気に降り、指定席の人は半分くらいになったけど、盛岡や八戸、新青森から新函館北斗まで乗る人が多くいたのが驚き。

4時間半も乗り、ようやく新函館北斗に到着。2016年に開業したばかりのピカピカな駅である。


続きを読む