BUBBLE-Bアルバム「ガモリ」について書いてみる

BUBBLE-Bアルバム「ガモリ」について書いてみる

その昔、そのまた昔の2002年。
Enjo-Gさんと「BUBBLE-B feat. Enjo-G」というユニットを活動開始して、「ぞっこん!バーベキュー」というCDを出した年、それ以外の雑多な楽曲をまとめて作品集としてアルバムにしたのがこれなのです。

「ガモリ」

来週、新作「ガモリ3」を出しますが、3があるなら1も2もあるわけでして、この1は実に17年前。

作品集でノーコンセプトだからいっそ変なタイトルを付けようとしていた当時、フランク重虎さんから「ガッツとタモリみんな好きだから、その2つを合わせたら面白くね?」という乱暴なアイデアを受け取り、付けてみたというのが始まりです。でも内容的にはガッツにもタモリにも一切言及せず、まったく関係ないのであります。

しかしヒドいジャケであります。こんなジャケのCD、出せません。売るのも買うのも勇気が要ります。なぜこんなことになったのか。
まだ20代前半だった当時独特の「無茶したやつが偉い」みたいな価値観の暴走であります。
そして内容に関しても、叩けばホコリどころか、マムシやヒグマが出てきます。

2002年当時といえば、オルガンバーにてレギュラーパーティに出演していた頃で、そこでゴリラアディクトのアディクト君と二人で少年ジャンクなるユニットをやっていたり、政所さんサワサキさんと044STYLAZというパーティユニットをやっていたりしていて、その当時の自分のトラックがこれに入ってます。まあアレなので普通に世には出せません。

そしてこれを引っさげて初めて「M3」なる即売会に出たのです。2002年10月、浅草橋にある東京卸商センター。今の20分の1くらいの規模だった頃のM3でした。

あれから17年、初めてリイシューをするわけですが、Ozone8による全曲リマスタリングに加え、追加トラックとして「バブルB作 酸テレビREMIX」「OTAKUNAVIGATION」が加わります。

タイトルは「ガモリ+」。

酸テレビは当時、kaz a.k.a.HIGEさんやDJ椎茸がやっていたユニットで、この曲はB作さんの声が謎の声優ボイスによってカバーされているという謎の未発表リミックスです。
そしてOTAKUNAVIGATIONは、天誅の4thアルバム収録のためにオファーをもらって作ったものの、あまりにも内容がアレだったためにお蔵入りをしたもので、初のCD化となります。
今回のM3だけでの展開となりますのでお見逃しなく。しかしキッツいジャケだ。なんでこんな…

01. Enter The Gamori
02. MUGO・ん・色っぽい2001
03. リゾ・ラバ2001
04. 悲しい色やね2001
05. シーズン・イン・ザ・サン2001
06. バブルB作
07. Silver And Gold Dance (Funky)
08. Re-Anju
09. Silver And Gold Dance (Acid)
10. ZANSHIRO
11. 4WD SPORTS
12. MAD KAWASAKI 044
13. 宇宙回転温泉のテーマ
14. ハイエンドオタク BUBBLE-B REMIX / 天誅
15. ファッション通信 BUBBLE-B REMIX / スペランカーズ
16. カーグラフィックTVのテーマ
17. イマキタ
18. BUBBLE FEVER 1990 溺死博物館 REMIX / BUBBLE-B feat. 魔王源
19. BUBBLE FEVER 1990 みやっち Ver. / BUBBLE-B feat. 魔王源
20. バブルB作 酸テレビ REMIX [+ Track]
21. OTAKUNAVIGATION (ハイエンドオタク BUBBLE-B REMIX) / 天誅 [+ Track]