麻婆豆腐が好きで本当に良かった

麻婆豆腐が好きで本当に良かった

麻婆豆腐が好き!と言い始めたのが、全ての始まり。
「全マ連」なるふざけたタイトルのブログを書いて、脱力系な麻婆豆腐ダジャレを作ってたら、TBSラジオ「タマフル」の麻婆豆腐特集に出演することになった2016年。
それまで一人でブログを書いてるだけだったけど、ちゃんと「連」にしようとFacebookのグループを作ったところ、日本中から麻婆豆腐好きが集まった。(現在、900人強)

当時は京都に住んでいて、新宿で開催された全マ連のオフ会に高速バスではるばる出かけた所、そこには50人くらいのディープな中華料理マニアが集っており、そこに「おいしい四川」の本(知り合う前から持っていた!)の著者であり四川フェス主宰の中川さんと知り合い、その場で青島ビールに歌を作りましょうという流れが決まった。なんたる早さ。
で、青島ビールの歌を無事に完成させ、青島ビール関西地区アンバサダーなる大使になったりしているうちに、2018年に再上京。その春に開催された2回目の四川フェスにて、青島ビールの歌を生披露。麻婆豆腐だらけの四川フェス、圧倒的に真っ赤な空間が最高だった。

そこからもお付き合いが広がり、次回・2019年の第3回四川フェスのステージプロデュースのご相談を受け、もちろんやりますと言ったその日から「中の人」となり、打ち合わせと中華パーティを重ね、そして迎えた昨日と今日。

話は変わって2011年の東日本大震災の後、宮城県の気仙沼で、ゴリラさんとポリゴン太さんに誘われ、手弁当で開催してきた音楽フェス「横丁ライジング」
大変なことも多いけど、手作りフェスの醍醐味と、たくさんの大事な友達&パフォーマー&アーティストと知り合えた。
そこにはフレディ・マーキュリーのパフォーマンスで、どんな場所もライブエイドに変えてしまうフレイデイ・マーキュリーことレイさんとお知り合いになれて。
そして以前からの長い付き合いのポリゴン太さん、そして横丁ライジングにも出演してもらったトーニャハーディングさん、さらにゴリラさんの繋がりで知り合えたジャッキーチェンのパフォーマーであるジャッキーちゃんに出演して頂いた2019年の四川フェス。

さらに話は変わって、京都に住んでいる時にその噂を聞き、愛知までパフォーマンスを見に行ったミュージック空手。今まで見たことの無い表現をひたすら追求し続けてる、超ストイックかつ革新的な空手にハートを打ち抜かれる。カラテクノという、空手+テクノというのをやっていた者としては気になって仕方ない!と思っているうちに良くしていただき、楽曲を提供したりと、一緒に作っていく立場となった。中京圏で地道に活動するミュージック空手をもっと全国的に広めたいし話題にしたいと彼らも僕もずっと思っていたところ、出演して頂いた2019年の四川フェス。

そうやって、別々の点と点とが昨日と今日の四川フェスのステージで繋がったわけです。

最近は「シビ辛ブーム」なるものが到来し、「マー活」なる言葉が流行るなど、完全に世間の波の先取りに成功したことも後押しとなり、この土日は目標の10万人を突破して過去最高の来場者数となったようです。

麻婆豆腐が好きで本当に良かったと思います。

物凄く巨大な、手弁当(ただし激辛)の手作りフェス、四川フェス。
参加された皆様、お疲れ様でした!