鬱になった時の自分を救ってくれた景色とか

鬱になった時の自分を救ってくれた景色とか

人間はすぐに壊れるらしい

人って自分が思っているよりもずっと繊細で、何かあるとすぐに壊れるらしい。
どんなに明るい人でも、どんなに多才な人でも、どんなに頭が良い人でも、すぐに壊れる生き物らしい。

壊れてしまった人は「鬱」と呼ばれる。
身近にも鬱になってしまった人の一人や二人、いるのではないだろうか。

そんな人を見て、まさか自分は大丈夫だろう…と思っていても、壊れる時は突然来るらしい。

自分の場合、2015年の冬くらいに、色んなプレッシャーや忙しさで壊れた

  • 何も無いところで突然泣いてしまう
  • 夜中、眠れなくなる
  • 休みの日なのにベッドから動けなくなる
  • 何も楽しくない
  • 何もやりたくない
  • 周りの友人や親に急にキレたりして、八つ当たり
  • その後絶望で死にたくなる
  • そんな状況に陥った。
    どうしようもない。

    元々自律神経が弱くて、夕方になるとカーッと火照ったり、耳が真っ赤になったりすることがあったが、そこに精神的なストレスが加わってしまった。

    とにかく、動けない
    それでまた状況が悪くなるという、負のスパイラル
    この感じは経験した人にしか分からないと思う。

    それでもDJやライブは続けていたので、そういう場では感じさせないようにしていたけど。

    医者に行って薬をもらっても

    「そういう時は医者に行け」と人は言う。
    本やネットにも書いてあり、鬱の療法としては基本だ。

    医者に行って「あなたは鬱ですよ」と書かれた診断書をもらって、しばらく会社を休めと。
    そして鬱を和らげる薬をもらって飲めと。

    鬱に処方される薬とは脳神経に直接作用する飲み薬で、何らかの脳内ホルモン物質の分泌を止めるとか増やすとか、感覚を麻痺させるという働きをするものだ。

    鬱を治す薬は存在せず、あくまでも「感じなくさせる」という対処療法である。

    しかしその手の薬がどうにも気持ち悪くて、何でそこまでせんといかんのだ!馬鹿らしいという気持ちが拭いきれず、一度も医者に行かなかった
    「医者に行け」という周囲のアドバイスにも反発した。納得出来なかった。

    とりあえず自律神経から何とかしようと思い、まず漢方から始めた。

    若甦S錠というもの。これで自律神経を整えようとした。

    そしてサプリメントを採ろうとした。
    コリン、DMAE、レシチン、セントジョーンズワートなどの、「気持ちが前向きになるもの」「脳が冴えるもの」みたいなサプリをひたすら買って、摂取した。

    でも、見事に何も変わらなかった。

    それどころか健康診断で盛大にひっかかり(肝臓のとある数値が前年の10倍に膨れあがる)、再検査を受けるハメになったので、サプリメントは全部捨てた

    こんなのではダメだと思い、少しでも前向きになれる行動をしようと、旅の計画を立てた。

    離島への旅で確信した感覚

    以前、北海道の利尻島にハマって何度も行ったことを思いだした。
    初めて行った2001年から続けて何回も行き、最後に行ったのは2007年だった。

    初上陸の時の写真

    初めて行った時はまだ新卒3年目とかの頃で、あの頃も色々と悩んでいたなぁと。

    あの島はどうなっているだろう。
    あの時食べたウニはまだ食べられるだろうか。

    最後に行った2007年からしばらく行かず、9年間すっかりご無沙汰し、少し忘れかけていた利尻島に行くことにした。

    しかも、わざわざフェリーに自分の車を乗せて行った。(結構高いんだよな~)

    舞鶴港から小樽港へ。そこから一気に日本海沿いを北上した。

    稚内に着いた。
    すっかりリニューアルされたフェリーターミナルから、利尻島行きの船に乗った。
    実に9年ぶりだ。

    デッキから、近づいてくる利尻島が見えた。

    少しずつ大きくなる利尻富士を見て、涙が止まらなくなった。

    他の乗船客で、泣いてる人など一人もいない。自分だけが何故か泣いている、という意味不明な状況。

    何だか分からないけど、「これだ!」という感覚がした。
    生まれ育ったわけでもないのに、ここには何かあるんだろうなあ。

    久しぶりの利尻島で過ごした何日かは夢のように楽しくて、心にこびりついた重くて暗い何かが少しずつ溶解する音がした。

    そうか、これか、と確信した。

    それからはまた利尻島に毎年行くようになった。
    (※あれ以降リピートしている利尻上陸では別に泣いたりせず普通です)

    それ以外の色んな場所への旅も加速した。

    ひょっとしたら、旅はどんな精神薬やサプリにも勝る最強のセラピーかも知れない。

    40を越えてからの自分にある、ローカルで何かしたいという気持ちは、おそらくそこが原点になっている。
    人生後半戦の、新しい原点かも。