こうして、オンライン飲み(ZOOM飲み)元年となった

収束するところを見せないコロナの感染者数。
いつまで続くか分からない外出自粛。

ずっと家にいるけど、やっぱり友達と飲みたい。
そんな風に思ってる人は自分だけではない。

そんな、テレワークが当たり前となりつつある今、テレビ会議のZOOMを使って飲み会をする人が増えてきた。
オンライン飲み?ZOOM飲み?テレ飲み? どんな名前に定着するかな。

外出自粛で友達と飲み会ができないからオンライン飲みをする、ということ以上に、そもそも地理的に離れてる友達らがバラバラに集まって飲み会ができるわけで。

物理的になかなか会えない友達と、1対1ではなく、バラバラに5人とかで集まって飲み会ができるのは、自粛な時代による「居酒屋の代わり」ではなくもはや別物。これが異様に楽しい。そして未来。

それってコロナ以前でもできたけど、テレワークの時代になってZOOMを使う人が一気に増えて、一気に敷居が下がった。

ZOOMを使うなら、こんな感じ。

パソコンからZOOMを使う場合

用意する物:Webカメラ

パソコンとWebカメラさえあれば即利用可能。もちろんWebカメラ内蔵のノートPCでもOK。

持ってない人は、こんなのでOK。

誰かからMtgを誘われた時は、ブラウザだけあれば良い。

スマホからZOOMを使う場合

用意する物:スマホのZOOMアプリ

▼iPhone・iPad

▼Android

このアプリでZOOMアカウントを作れば準備完了。
インカメラを使うことになる。

スマホで使う時は騒音の少ない、Wifiがちゃんと入る部屋で、充電しながら使うと良いだろう。

会議はどのように始める?

ZOOMは、ユーザー一人一人にバーチャルな会議室が与えられる。そこに来てもらうことで会議をする。
もしくは、誰のものでもない場所に臨時の会議室を作ることができる。

この画面の「新規ミーティング」の所で「マイパーソナルミーティングIDを仕様」を選ぶと、自分の会議室に人を呼ぶ。そうじゃない場合はその時だけの臨時の会議室を作る、という仕組みだ。

いずれにせよ、会議にはホスト(発起人)がいて、他の人はホストに招待されるという仕組み。その招待は一意のURLとなっており、クリックするだけですぐに会議に参加できる気軽さがZOOM人気の秘訣だ。

無料と有料の違いは?

ZOOMは無料で使えるが、有料アカウントとの違いはざっとこんな所。

無料アカウント

・1対1でのビデオ会議なら時間制限なし。
・自分がホストになった会議で、3人以上のグループ会議は40分の時間制限あり。(有料アカウントに誘われる側ならば制限なし)

有料アカウント

・自分がホストになった会議でも時間制限なし。
・会議の録画などもできる。

月2000円の「プロ」が有料アカウントだ。
自分からオンライン飲みを開催したいのなら有料アカウントにしておこう。

会議URLはオープンな場で貼り付けてはダメ

ZOOMの招待はURLで、そこを辿れば誰でも会議に参加できる。
そのため、会議用のURLはTwitterやブログなどのオープンな場に貼り付けると、誰が来るか分からない状態に晒される。
特にTwitterではZOOMのURLが貼られたら即座に会議室に入って、ポルノ画像などを共有するような海外のスパムアカウントが多数あるので、Twitterに会議室のURLを貼り付けることは厳禁だ。

仮想壁紙を変えて遊ぼう

自分の部屋が散らかっているからカメラに抵抗がある…という人でも大丈夫。
クロマキーみたいな機能がZOOM側に用意されており、自分の背景を好きな画像や動画に設定することが可能だ。

そんな背景として使えそうな素材を、有名ドコロがドシドシと公開している。

あのPixerも。

あのMAVELも。

ディズニーも。

レクサスも。
みなさん動きが早い!

こんな背景いかがでしょうか?

▼鳥取砂丘

▼温泉 (蔵王温泉 すのこの湯 かわらや)

▼松山千春さんの実家 (北海道足寄町)

どこで会議しとんねん、っていう。

準備ができたら酒を買おう!

不要不急の外出は自粛しろという今、酒とつまみはネットで買っちゃおう!
どうせなら美味いやつを。おすすめのビールを貼ります。

▼静岡のクラフトビール「ベアード」。最高です。

▼スコットランド ブリュードッグの「パンクIPA」。美味いですよね。

▼根強いファンがいます。僕も。「サッポロクラシック」

それでは、良きオンライン飲みライフを!

スポンサーです