夢の中の開会式

どこかは分からないけど、大きく新しい会場。
何かの開会式が行われている。
観客席には満員の人が、世界各国の旗を振り、笑顔でその時を待っている。

やがてスモークが炊かれ、暗転したメインステージに、4人のシルエットが浮かび上がる。

「誰だ?」
「何が始まるのだ?」

ざわつく会場。

突如、激しい8ビートのイントロが始まり、一気に照明が点く。

 ♪
 乾いた風にかき消されて
 最後の声も聞こえない
 歪んでく街並みも 色あせて

 (ギター)デデデデデデデ~

そこには、遠くを見つめ、現役当時と寸分変わらないスタイルで歌う氷室京介。
横で激しくギターをかき鳴らす布袋寅泰。
微動だにせずベースを弾く松井恒松。
正確かつ激しいリズムを叩き出す高橋まこと。

今は2021年、誰もが思った。

「俺たちは、幻を見ているのだろうか?」

 ♪
 OH BABY TRUE 不器用な愛で
 OH BABY TRUE いつも傷つけあってたネ
 OH BABY BLUE 抱きあっていたけど
 OH BABY BLUE 違う明日を見つめてた

どれだけの人が、不器用な愛によって傷付いただろう。
そして、どれだけの人が違う明日を見つめてたのだろう。

「これだよ、これ!」
「これが見たかったんだよ!」

涙する人々。抱き合う人々。
席を立ち、サビで合唱する何万人もの人々。

 ♪
 ON THE WING WITH BROKEN HEART
 やぶれた翼で
 ON THE WING WITH BROKEN HEART
 もう一度翔ぶのさ
 ON THE WING WITH BORKEN HEART
 こわれた心で
 ON THE WING WITH BROKEN HEART
 もう一度笑ってよ TO THE BOYS & GIRLS

やぶれた翼で、もう一度翔ぶのさ…
壊れた心でもう一度笑ってよという歌詞が、多くの観客を虜にする。
最後に笑ったのはいつだろうか…

激しいビートに夢中になり、合唱し、盛り上がる観客たち。
いつの間にか、多くの人が号泣している。

そしてあっという間に演奏は終わる。

「センキュウ!」

そう言い残し、たった1曲だけの〝復活ライブ〟を行って、ステージを去る4人。

見たいのはこれだった…

という夢を見た。

スポンサーです