阪神大震災から17年

1995年という年はもの凄い年だった。阪神大震災から始まって、オウムのサリン事件が世間を沸かせた。
この年に高校を卒業して大学に入学したのだが、センター試験の翌日、自己採点のために登校する日の朝に大地震が来た。1月17日である。
朝の5時台なので当然寝ていたが、大津の実家ででも突然激しく揺れ、目が覚めた。ベッドの横の出窓に置いておいた、前の晩に飲んだマグカップが布団の上に転がっていた。幸い大きな損傷や家具の倒壊などは無かった。
その時使っていたベッドをいまだに使っている。2回も大震災に遭ったベッドだ。

学校に行くと、電車もストップしていた影響で、半分くらいの生徒が休みだったのを覚えている。正直センター試験の採点どころではない日になった。
まあ、センター試験の結果はボロボロでその時は浪人も覚悟していたのであるが…

しかしテレビを点けたら凄い映像が延々と映し出されていた。倒壊した高速道路が衝撃的だったなあ。

晴れて春から大阪にある大学に通うことになったのだが、電車の車窓から見える家々の瓦にはまたブルーシートが被せてある所も多かった。自分はともかく、西の方から阪急電車を使って通学する人らは、阪急・阪神ともに被災して止まっていたので大変だったように思う。

文明が発達した平和な日常を日々過ごしていると、地震が来てこんな災害になることなんて予想できなくなる。いつか大地震が来るかも知れないが、まさか今日とか明日に来るってことは無いよね、と思いながら生きている。
そういう日常は尊いものだなと思いながら生きていこう。

スポンサーです