【試乗】日産・ジューク 16GT

ジュークの「ホットバージョン」こと、16GTに乗ってきました。

普通のジュークこと15RXというモデルは、NAエンジン。1.5Lの4気筒にCVTという組み合わせは普通だが、走りには特に不満は無かった。運転し易い車だなぁ~、マイルドでいいな~、と思っていたのでした。

が、やはり気になる新開発ターボエンジン搭載のジューク16GT! 15RXより200kgも重くなってるというこの車の走りはいかに。

IMG_0456

外見やメーター周りなど、見た目はほぼ15RXと同じ。17インチを履いている事くらいが違いとなるが、15RXもオプションで17インチが履けるということで、ほぼ違いは無し。

IMG_0453

唯一、リアにある「DIG TURBO」というバッヂがあることくらい。

IMG_0455

相変わらず、深海魚みたいなヌルヌル系生物みたいな格好がキモ格好いいジューク。デザイン最優先なので、Cピラーにかけて絞り込んだキャビンのせいで後部座席の前後幅も頭上スペースも小さいし、ラゲッジスペースもかなりミニマム。

フロントシートに乗り込むと、ショルダーラインが高いせいで、これまた囲まれ感が強め。この感覚は低い着座位置のスポーツカーに乗ってるような感じであるが、SUV的な視点の高さもあって何か不思議。

窓の枠のに肘を載せてダラダラと運転するのが好きなのですが、この高さだと俺の肘では無理でした。

あと、左足スペースが小さい。というかセンターコンソールの出っ張りがあって、そこにふくらはぎが常に当たってる感じ。俺ががに股だからというのもあるだろうけど、ちょっと左足に窮屈感がありますね。

まあ、その印象も以前に15RXに乗った時とほぼ同じ。

では走り出してみた所… すぐに感じるのがサスの硬さ。セッティングが15RXとは全然違う感じ。タイヤがでかいということも関係していそうだけど、ガチガチとまではいかないにせよ、Cセグのホットハッチ的な硬さがあると思います。ゴルフGTIやルーテシアルノースポールくらいのほどよい硬さ。

そしてハンドルも15RXよりは若干重め、だけどもこのくらいがちょうどいいです。15RXはハンドル軽すぎた感じがあったので。

アクセルを踏み込むとびっくり加速が待ってました。あぁぁ、全然違う。もう別の車になってる…
幅もあるので安定して加速できる感じです。

ただし、CVTそのものが違うのか、やたら回転数を上げるセッティングになっている感じ。特にSPORTモードだとすぐに街中で4000回転とか5000回転手前までグォォォと回してくれる感じで、ちょい過剰かも。NORMALモードでも若干回し気味な感じがしました。
ただ、どうしてもCTVらしい加速ラグが残念。アクセルを踏み込んでも回転数が定まるまでの1秒弱くらい待たされるんですね。MTモードではなくこのエンジンだと本物のMTで乗りたい感じがしました。

エンジンは低い回転数でモリモリという感じではないので、トルクフル!っていうフィーリングでも無いんですが、高速道路での加速がどんなものか興味ありますね、、、

これがジューク16GTに初搭載された直噴ターボの新エンジン。(190ps/5600rpm、24.5kgm/2000-5200rpm)

IMG_0457

深海魚らしくヌメ~っと走る15RXも良し、攻撃的深海魚としてプランクトンとか食いまくる16GTのこのターボも良し、だと思います。

ちなみにこの1.6L直噴ターボエンジン、次のティーダに載るらしいですぜ。

【試乗】日産・リーフ

EV好きの僕です。i-Mievに乗ってその走りの良さに大感動した先日ですが、ついに(やっと)念願のリーフに乗れました。

ブルーステージに行ったら試乗用のリーフが置いてあったのですが、何と昨日入ってきたばかりの新車! オドメーターを見るとまだ34km!!当然中はピカピカ、新車のあのニオイ。これに乗せてもらえるなんて幸せだ…

この前乗ったi-Mievなんて黄砂かぶってドロドロになってたぞ…

それはさておき、営業さんと同乗するも、営業さんもリーフ初めてで、結構オドオド、ドキドキという感じでしたw さすがにあまり質問しないで的なw

電源オンでチャララポ~ンと起動メロディが鳴ります。こういうのイイですね。

で、シフトがよく分からない! これはどう操作するのだ、と迷う。操作自体しなくなるから、機能として退化してるんですね、もう。人間の尾てい骨に猿の尻尾みたいなのの残りがちょっとある、みたいな? PとRとDとECOってのがあります。ECOって別にここに無くてもいいような。

IMG_0416

センターコンソールはこんな感じ。純正ナビは切り替えてバッテリーの情報を出す事が出来ますが、プリウスみたいに充電した!放電した!みたいな面白アニメが出るわけではなく、横の棒グラフが1本出るだけなので子供ははしゃがない仕様です。

IMG_0417

メーター類。シンプル極まりなかったi-Mievと比べると色々あります。未来っぽい! でもCR-Zみたいなハデ系ではないです。明るい所では若干見づらい文字盤でした。

IMG_0415

で… 走り出すとこれがもう最高。音もなくどれだけでもリニアに加速する… これはi-Mievで経験済みなのですが、車格の違いもあり、こちらはさらに安定している感じです。ロードノイズもよく抑えられてて本当に静か。新品のショックが衝撃を吸収する「キュッ」って音だけが聞こえてきてましたw

これどれだけスピード出るか、どこまで安定してるのか、いやおうにも試したくなります。回れば回すほど気持ちいい、これはロータリーエンジンにも通じる何かを感じました。一般道だけですが、一瞬70キロくらいまで出せました。凄く安定してて良かったです。

ブレーキはちょっと癖がありました。ストロークが短く、押すと固い感じです。新車だから?

左右の見切りも良く、運転しやすいです。ヘッドライトが上方向に飛び出してるのが運転席からはちょっと面白いです。

形がいいですね。

IMG_0418

特にこのリアが最高。

IMG_0420

マーチ、ジューク、ティーダ、ムラーノ、、、あたりの最近の良い日産成分をミックスしたような感じがして素晴らしいと思います。

車としては実験的な意味合いの強いものなので、未来を演出することが精一杯だったのかも知れませんが、起動音だとか、内装の「エコ×サイバー」感とか、風化していく前に、もうちょっとバリエーションがあっても良いのか、どうか、と思いました。

起動音もいくつかの中から選べて、さらに月に1本ずつ新作起動音がDLできるようになるといいなぁ、とか。

あとコンバーチブル設定があると最高だと思います。
この車ってお金持ちのセカンドカーだと思うんで、より遊び要素を取り入れた方がいいんじゃないでしょうかね。

いやでも、感動体験でした。

【試乗】FJクルーザー

ようやく日本に入ってきた「FJクルーザー」に乗ってきました。

あまりデカいSUVは慣れてない(死角とか)ので若干ドキドキしながらですが、乗り込んでエンジンを掛けてみると、あららら… 拍子抜けするほど静かな車内。

IMG_0405

4リッターV6のエンジンはさすがに静かでした。というかこの外観からだと、昔のランクルを想像(親父の会社の同僚のおっちゃんが古いディーゼルのランクルに昔乗ってて、そのイメージが強い)して、アイドリング時もずっとガタガタと振動してそうじゃないですか。男のSUVって感じの。
でもそれが無かった!

アクセル踏んで走り出しても、なんたる静粛性の高さ。これ、クラウンと変わらないレベル。そしてマイルド。
車体の重さこそ感じるものの、それをちょうど上回るジェントルなエンジンという感じです。いい意味で裏切られました。

IMG_0403

この鋭く立ったフロントガラスがなんと言っても印象的。3つの小さいワイパーが付いてるのは軍用車みたいで格好いい。そして分かりやすい内装と外装。そう、この車は分かりやすさに満ちてるんですねぇ。オモチャっぽい分かりやすさ。最近のトヨタSUVには全く無かった要素だと思います。

IMG_0404

この、変なシフトノブもいいですね。ゲート式で場所によって角度がごつごつ変わるという。

IMG_0406

無骨なのはあくまでファッション。それを丸め込めるテクノロジーに「今」を感じることができる車でした。

【試乗】ヴィッツRS

お台場・メガウェブにて、ヴィッツRSに試乗。ここで試乗できる車種のうちで、唯一のMTですw
しかも現行ヴィッツのRSということでちょっと楽しみ!

まだ現行ヴィッツの、普通のグレードに乗っていないので、普通のグレードとどう違うかというのは分かっておりませんww

RSというグレードだからといって、大きく違うことは無さそうです。エクステリアとインテリアの一部にスポーツパーツを奢っているというのはパッと見て分かります。ステアリングなどはそれなりに気分を高めてくれます。

走り出した感覚。1.5の普通のエンジンなので、特に吹き上がりが良いということも無いですが、実用エンジンらしくトルクは感じました。
車体が軽いので、ヒョイヒョイと思いのままに運転できそうです。でもアクセルレスポンスはもうちょっと良くなって欲しいかな…。あとステアリングももうちょっとクイックの方が良いかなと思います。

シフトは5速。ワイヤー式な、モソっと入るロングストロークな奴で、あんまりスポーティではないのが残念。
トヨタのCセグハッチであるオーリスのRSなんかのシフトはショートで良かったのに。

でもこのクラスでMTというのは貴重だし、車の挙動がよく分かるので、山道なんかを走ったら限界というものを知れたりして、車の面白さに目覚めるには最適なんではないでしょうかね。

1本のワイパーというのがこのクラスの車にしては珍しくて面白いですね。拭き残しとかも特に無い様子でした。

ネックは本体価格が170万もする所。ちょっと高いな~? そのくらいの価格だったらもうちょっとエンジンに手を入れて欲しいですな。

あとタイヤもエコピアってのはRSというグレードと不釣り合いだと感じますね。

IMG_0400

IMG_0401

IMG_0402

BUBBLE-B feat. Enjo-G ライブ@東京・高円寺のお知らせ

5月29日 日曜日夕方! 高円寺にあるとても音の良いライブハウス「HIGH」にてBUBBLE-B feat. Enjo-Gがライブを行います。

Soy sauce impulse Tour

日程:2011年5月29日 日曜日
会場: HIGH
東京都杉並区高円寺南4-30-1
TEL: 03-5378-0382
開場:18:00
前売料金:¥2,500
当日料金:¥3,000
※1ドリンク別

ライブ出演:

GalapagosS
Aural Vampire
Omodaka
BUBBLE-B feat Enjo-G

チケット
4/24〜ライブ会場にて手売り開始
4/30~ e+、KOENJI HIGH店頭

入場順
1.会場手売り
2.KOENJI HIGH店頭
3.e+

 

皆様のご来場をお待ちしております!

 

BUBBLE-B feat. Enjo-G ライブ@大阪のお知らせ

6月19日、日曜日! 大阪は心斎橋のオンジェムにてBUBBLE-B feat. Enjo-Gがライブを致します。

ケセラセラ vo.1

日程:2011年6月19日 日曜日
会場: Live & Bar 11 [onzieme]
大阪市中央区西心斎橋1-4-5 御堂筋ビル11階
TEL: 06-6243-0089
開演:18:00 / 閉演:23:00

特別出演:

鳥肌 実

出演:
BUBBLE-B feat. Enjo-G
佐伯誠之助
tofubeats
DJカラテカ
and more

入場料金:
当日 3000円(別途1drink )
前売 2500円(別途1drink)

【5/14発売開始】
チケットぴあ、ローソンチケット、e+(イープラス)、CNプレイガイド等で発売!
ローソンチケット 【Lコード:59615】 TEL:0570-084-005 http://l-tike.com
イープラス http://eplus.jp
チケットぴあ 【Pコード:139-637】 TEL:0570-02-9999 http://pia.jp/t
CNプレイガイド TEL:0570-08-9999 http://www.cnplayguide.com
(ローソン、ファミリーマート、セブンイレブン、サークルK・サンクス、am/pm、チケットぴあ店舗にてご購入頂けます。)

■鳥肌 実

無為こそ過激を自ら体現する鳥肌実。 今年もマイク一本で舞台に立ち、 排泄的かつ独断と偏見をもとに、全国で個人演説会を繰り広げる。 得体の知れないその演説はあまりにも露骨な為、 メディアに取り上げられることが皆無に等しく、 生でしか見られない
混沌とした世の中、救いようのない視点で時局を斬る演説芸。 内容は例年通り幕が開くまでわからないというストロングスタイル。
無為こそ過激!無駄こそ全て!!対峙せよ、極東の島国に狂い咲くクレイジーアミューズメント!

■BUBBLE-B feat. Enjo-G

トラックメイカー/映像のBUBBLE-Bと、MCのEnjo-Gによるユニット。
様々なダンスミュージックの形態に変化するBUBBLE-Bのトラックに、グルメやレジャーを題材にしたリリックを無感情かつ汚い声でしつこくシャウトし つつ印象的なムーブをするEnjo-GのMC、そして完全同期された映像との組み合わせは、非日常の高揚感が求められるクラブシーンにおいて皆が忘れかけ ていた日常の高揚感を、鮮烈なインパクトと共にフロアに残していく。BUBBLE-Bがライブ活動を行うときはfeat. Enjo-Gによるユニット形態での活動となる。2002年からfeat. Enjo-Gとして活動を始め、「ぞっこん!バーベキュー」「走りのセダン」「Enjo-Gのシャッシャッシャッ」といった楽曲をリリースし、日本全国は もとより、台湾ででのライブパフォーマンスも複数回行い、グルメ、レジャー好きを狂喜乱舞させている。

■佐伯誠之助

前の穴にはサンプラーが、後ろの穴にはカオスパッドがズップリとインサートされたサンドイッチファック状態の俺ジナル改造ギター(a.k.a サンドイッチ先輩)を操り、フロアを戦慄させる特殊変態ギタリスト。自称、デジタル世代のジミ・ヘンドリックス。
サマーソニックや渚音楽祭などの大型フェスから友人の結婚パーティー(終演後絶縁経験有り)まで。音源等の販売は一切行わず、行きずりのSEXのようなライブをTPOをあまり考えずに精力的に展開し続けている。
近年はドラびでお、七尾旅人、タブラ奏者Tabla tal等との異種格闘技戦的セッションを行い、相手の評価を下げたりしている。

■tofubeats

神戸市内在住、1990年生まれのトラックメイカー/DJ。中1のころに日本語ラップの洗礼を受けて音楽製作を開始した…はずなのだがいつの間に かエディットやシカゴハウスを通過、果てにはアイドルのバラエティ番組を鑑賞するスキルを開花させた。WIRE08、WIRE10のサードステー ジから申し訳ないと、代官山UNITにNUOOHまで呼ばれればアクトを行い、頼まれればFPMからももいろクローバー、ディスク百合おんまで幅 広くリミックスを手がけている。大学に通いながら現在ファースト・アルバムを製作中の、これからの活躍が期待される新世代アーティストである。
www.tofubeats.com

■DJカラテカ

幼少の頃より両親の影響からジャズ、ソウル、R&B、マスク、週プロ、格闘技通信、月刊秘伝に心酔し、ビール瓶に砂をつめて脛を叩いて無駄に鍛えたり、空手、柔道をかじったり20歳ぐらいの頃から自己流で加圧トレーニング、あと、趣味でDJも始める。その後、味園にあった某クラブでオカマ…じゃなくて性同一性障害の方々の集まるイベントでプレイし、ぶっちゃけあんまり受けていなかったが、関西№1エロフェッショナルビートサイエンティスト佐伯誠之助の目に留まり、彼のワンマンの前座としてDJ風なアクトや庭の植木の水やり(実話)等の仕事をおしつけ…任せられる…
ビバ!筋肉DISCO! 筋肉ハードコア!音楽と格闘技の融合を日々模索チューン!

 

凄いイベントになりそうですよ!!!

 

SPK06 SPEEDKING PRESENTS「FUNKOTMEN」Amazonでの予約開始!


SPEEDKING PRESENTS「FUNKOTMEN」のAmazon.co.jpでの予約が開始されました。発売日は5/20となります。(Amazon初回入荷は毎回多くないので、5/20より発送が遅れる場合もあるかも知れません)

SPEEDKING PRODUCTIONS第6弾コンピレーションは「FUNKOTMEN」!
その名の通り今非常にアツいインドネシア発のダンスミュージックであるFUNKOT!
SPEEDKING RADIOで初めてその音を紹介し、今や日本におけるFUNKOTシーンの立役者であるDJ JET BARON氏のスーパーバイズを得て、今ここに完成!
これまでSPEEDKINGのコンピレーションシリーズに参加したおなじみのアーティストに、日本のFUNKOTレーベルであるDUGEM RISINGからのゲストアーティストを迎え、豪華なFUNKOTコンピレーションとなりました!!

1. Never End (M-Project)
2. Careless King (Jockie”MASTA BASS”Suama)
3. 2001(2011 : A Space Funky) (限界LOVERZ)
4. JAM 7 AJEP-AJEP (DJ JET BARON)
5. オカルト (Mad Yellow)
6. Gergaji (m2dy)
7. Monster Sound (guchon)
8. Hydrant (1H1D!!!(RMK))
9. Symphony Megamix (Shisotex)
10. Set Free (Funkot Mix) (DJ Shimamura)
11. Visoko (Funkot Edit) (BUBBLE-B)

なお、渋谷・GUHROOVY、秋葉原・あきばお~こく、京都・Cafe la siestaにて取扱中です!!

BUBBLE-B 2nd DVD album 「バブルBのビッグ・バン」


実に5年振りとなるBUBBLE-Bの新作アルバム、「バブルBのビッグ・バン」が遂にリリース。今作はCDとDVDの2枚組、それぞれ22曲+23曲とボリュームもビッグ・バン。BUBBLE-Bのナンセンスなサンプルエディットが爆発するトラック群に加え、BUBBLE-B feat. Enjo-G「バリバリスナック」や「走りのセダン」、BUBBLE-B feat. 初音ミクver.の「ダサイタマ」なども収録。DVDにはドラびでお、スペランカーズによるリミックスに加え、2007年1月の代々木LaboでのBUBBLE-B feat. Enjo-Gライブの模様までみっちり収録した珍盤!

CD
1.MOMO0WY
2.Rumania Montavideo
3.セットでドリンクバー
4.Ryukyu Anju
5.Ireba’n’Rock
6.激怒m.c. (MY LIFE) REMIX (Original by ビス・ゲイディス)
7.バリバリスナック
8.34
9.Yagura Samba
10.ぞっこん!バーベキュー Swing MIX
11.アムロケット
12.俺は立花藤兵衛だ(俺はEnjo-GだMIX / Original by LEOPALDON)
13.アニメ検定
14.僕、アルバイト
15.ブチ切れオードブル
16.メガシット (Original by m1dy (MADDEST CHICK’NDOM)
17.走りのセダン ?Driving Pleasure?
18.ダサイタマ feat. 初音ミク
19.Road Boxer
20.White Miracle
21.Copy Copy
22.バブルBのゆく年くる年

DVD
1.MOMO0WY
2.Rumania Montavideo
3.Ryukyu Anju
4.Ireba’n’Rock
5.バリバリスナック
6.34
7.Yagura Samba
8.ぞっこん!バーベキュー Swing MIX
9.アムロケット
10.アニメ検定
11.僕、アルバイト
12.ブチ切れオードブル
13.走りのセダン ?Driving Pleasure?
14.Road Boxer
15.バブルBのゆく年くる年
16.MOMO0WY (スペランカーズREMIX)
17.がんばれ!!佐吉っつぁん (ドラびでおREMIX)
18.Dagon (PV by BUBBLE-B) / m2dy(MADDEST CHICK’NDOM)

【Live at 代々木Labo 2007.1.20】
19.ぞっこん!バーベキュー
20.ENJOY!中華
21.セットでドリンクバー
22.バリバリスナック
23.BUBBLE FEVER 1990


BUBBLE-B mini album 「ガモリ2」



BUBBLE-Bの活動10周年記念盤として、コンピレーション提供曲を中心に新曲を収録し、さらに有志によるリミックス楽曲を多数収録したミニアルバム「ガモリ2」がリリース。BUBBLE-B feat. Enjo-G「Enjo-Gのシャッシャッシャッ」「Anachy in the ODWR」も収録され、今日もEnjo-Gが叫ぶ!がなる!咳き込む!倒れる!
また、chocoxina、GROOVETUNE、グルーヴあんちゃん、Asohgi、shex、salchok from JASCO、Mad Yellowらによるリミックスを収録! さらにしばらく聴いていると隠しトラックが…

01.Enter the Gamori2
02.Cheese berg edit / BUBBLE-B
03.バリバリスナック ナシゴレン味 / BUBBLE-B feat. Enjo-G
04.Anarchy in the ODWR / BUBBLE-B feat. Enjo-G
05.Enjo-Gのシャッシャッシャッ / BUBBLE-B feat. Enjo-G
06.Shinsuke / BUBBLE-B
07.Mandahan / BUBBLE-B
08.A Tribute to Labor Exchange (BUBBLE-B REMIX) / 拷秋勤
09.Enjo-Gのシャッシャッシャッ (AFTER DEATH REMIX) / remixed by chocoxina
10.走りのセダン – Driving Pleasure – / remixed by GROOVETUNE
11.セットでドリンクバー / remixed by グルーヴあんちゃん
12.ぞっこん!バーベキュー / remixed by shex
13.34 / remixed by Asohgi
14.Anarchy in the ODWR (探検!ぼくのハマチmix) / remixed by salchok from JASCO
15.ZANSHIRO (キイロミックス) / remixed by Mad Yellow

MJ-spirit ライブ at 六本木Morph

マイケル・ジャクソンのパフォーマンス完コピチーム「MJ-spirit」の六本木Morphでのイベントに行ってきた。去年の渋谷AXのも行ったし、その前のNEVER LANDの時からずっと好きで追いかけているが、今回初めて、制作側として少し手伝わせて頂いた。DANGEROUSのTHIS IS ITのステージバージョンを、残された(音の悪い)YouTubeの映像のような構成になるように、いくつかのライブテイクの素材、そして原曲からミックスし直して作り直すという、マイケルの音源に手を加えるという神をも恐れぬ作業。なんとかなった…かな… DANGEROUSの時だけはさすがに見ててドキドキした。音大丈夫だろうかと。なんせ、素材の定位とかおかしくて、それをDAWで補正しまくりだったしなぁ…

MJ-spiritのパフォーマンスはもちろんリアルにマイケルを感じて感動することもできるし、旺盛過ぎるサービス精神に笑えるのもまたMJ-spiritだと思う。これは絶対見ないと分からない。でも、僕の中のアイドルでありつづけて欲しいので、あまりMJ-spiritの裏側とか制作現場を知りすぎないようにしておきたい気もする(笑)