これ、乗りました。日産 ノート メダリスト

IMG_2644

久々の試乗です。日産の新型ノート。
マーチよりもちょっと男の子っぽさのある、日産の売れセンコンパクトがモデルチェンジしたので。

IMG_2645

コンサバの中にもちょっとシャープさを秘めたデザイン。ギリギリの所で個性を主張してますね。

で、乗ったのは1.2L・スーパーチャージャーのモデル「メダリスト」。一番グレードが高いやつです。
エンジンがスーパーチャージャー付きなのに加え、内装にも高級感を出すオプションが各所に付いてます。下位グレードに感じたチープな感じはかなり払拭されてるのではないかと。

IMG_2646

で、運転。まず静粛性が高い。このクラスにしては十分静か。乗り心地もいいね。
どちらかというと、ずっしり安定、みたいな味付け。ヒョコヒョコ感は少ないし、段差のこなしもマイルドで十分。

IMG_2647

DIG-Sという新開発のダウンサイジングエンジンとCVTの組み合わせが、この車の性格を大きく付けているのは確か。
スーパーチャージャー付きというとトルクモリモリみたいな印象があるけれど、どうもこのエンジンが美味しいのは、2500回転以降の様子。14.5kgのトルクは4400回転まで回さないと出ないという高回転型。

なので、ややエンジンをある程度ブン回すような設定になってる。それに加えてCTVもそういうセッティングになっているので、アクセルを踏んでから「おっ、加速しているな!」と感じるまでのタイムラグが長い。

これはジューク16GTに乗ったときにも同じ事を感じた。性格が似ているのだろう。

IMG_2649

走ってる途中でも、ちょっと加速すると急に回転数がグオーンと上がると同時に、突然エンジン音が存在感を増すことが多い。

コンパクトカーの方向性として、軽快感を感じるか、コンパクトなのにずっしり安心感を感じるか、の2つがあると思うのだが、ノートのこのエンジンにおいては、ちょっと車の性格と合ってないように思えた。

ダウンサイジング+スーチャーという組み合わせだと、FIAT500ツインエアなんかが世界的にヒットを飛ばしたが、あれは見事に軽快感があった。(その分ギアでぎくしゃくしたけど) あの軽快感はこのノートには無い。なんだかもっさりしていて、その後グオーンと働く、みたいなタイムラグがどうしても気になってしまう。

なので、ノートにはNAエンジンの方が性格合ってるのかも?なんて思った。もしくは、もうちょっと低速トルクを増やす方向でエンジンをブラッシュアップして欲しいなぁ。

室内の広さやユーティリティは全く問題なし!

スポンサーです