これ、乗りました。 トヨタ 86

IMG_2668

トヨタ・86です。以前にスバル・BRZは乗っているのだけれど、改めて今度は86を。

86、色んな車のオフ会でも見る機会が増えてきた。もう随分見慣れた気がする。むしろ、昔からあったかのような? 86とBRZの差もすぐに分かるようになった。それだけ実際に86もBRZも売れているのだと思う。素晴らしいことだなあ。

トヨタというメーカーは十字架を背負っていて、これが出た当時ネットでは、トヨタ86については叩かれ、スバルBRZについては絶讃され、みたいなスレッドをよく見かけた。

トヨタのような「巨人」は、電通と同じで「体制側」みたいに見なされ、サブカルチャー側から敵扱いされがち。そういう巨人企業がサブカルチャーにすり寄ると、そりゃ嫌悪するでしょ? だってアンチであることがサブカルチャー人間のアイデンティティだから。

でもスバルはサブカルチャー側から「うちら側」と思われてるようで(笑)、「スバルよくやった!最高!」と人は言う。マツダだってそうだ。

そういうバイアスがかかっていることを知った上で、純粋に、車とその周辺を客観的に見れるかどうか?が86を語る上で重要なのではないか、とすら思う。
トヨタ86もスバルBRZも、俺には一緒! そう思って試乗に行こう。

IMG_2669

フロントはちゃんとトヨタ臭出してると思う。BRZからはトヨタ臭を感じない不思議。エンブレムかなぁ。ヘッドライトとグリルの形状がそうさせるのかも知れない。BRZより若干シャープでエグ味があると思う。

でも全体的に良い形だと思う。まとまってるし、デザイン上の破綻がない。

86なんて名前を付けて、カタログには2000GT、トヨタ800、AE86と並べて、「伝説の続きが…」みたいな大風呂敷を広げるもんだから、デザイナーは相当大変だったのではないか?と思う。

どれだけちゃんとしたものを作ってもトヨタってだけでネットで叩かれる世界だから余計に。

IMG_2670

乗ったのは「G」というグレード。つまり下から2つめの廉価グレード。なので2本出しのマフラーなのに普通のマフラーで格好わるい。乗り込んでも内装も素っ気なくて、もうガンガン遠慮無くコストカットして安くしたなぁ、ってのが伝わってくる。

でも、そんなのに価値を感じない、要は走りだ! パーツは後からどんだけでもつけれるし、自分好みのマシンにしたいぜ! って人には、ちょうどいいグレード。

うどんに例えると素うどん。ぶっかけの並、ってとこだ。

これに乗る人はそんなことは織り込み済みで乗るから、何か他の車と比べて内装がショボイなんて言うのはおかしい。素うどん食って「具がない!」って怒るやつはバカだろう? まあ、86はこのさらに下、エアコンすら無いRCっていうグレードがあるが、あれはドンガラ車並のレース用特殊グレードなので省くとして。

で、その素の状態で走ったらどうだったか?

IMG_2672

この個体、6MTモデル。前に乗ったBRZがATだったので、初のMTとなるのだけど・・・

これがもう、素晴らしいの一言。分かってらっしゃる、という出来映え。

シフトフィーリングがまず最高。ショートストロークで、カチ、カチと的確にダイレクトに入る。これだけで気分が上昇するのに加え、クラッチもショートかつ軽い。どんだけでもガンガン踏みまくれる。

シフト関連だけで良く出来てると思うのに、良いのがアクセルのレスポンス。タイムラグがほとんど無く、踏んだ瞬間にボクサーエンジンが一気に吹け上がる。この感じとシフトフィールの組み合わせ、これこそがスポーツカーの条件だぁぁぁ、と思ってしまえる。

それだけにシビアでもあり、リラックスはさせてくれない。

IMG_2671

今日本に、スポーツカーとかそれに準ずる車はあれど、おそらくこいつのシビアさはランエボと同じくらい。
手足の微妙なニュアンスがそのまま走りに反映される感じというのは、キマった時に凄く気持ちが良いもので、それがこの86にはありそう。

絶対的なパワーは無いけれど、カーブの多い道を気持ち良く走ることにおいては、凄く楽しいんじゃないか?というのがびんびん伝わる。メーカーが言うコンセプト通りかも。

乗り心地も固い(BRZより固く感じた)し後部座席もまるで使えないけど、この価格でこれだけ刺激的な車が、2012年に出てるというのは素晴らしい。

全然高級感とかラグジュアリーさは無いし、モテ臭もしない。乗れば分かる車だなぁ、と思った。特にMTモデルはマスト!

IMG_2667

行ったディーラーの片隅に、AREA86っていう、86のパーツを展示したブースがあった。86専門ブース。
こういう取り組みは面白いと俺は思う。

ただ、トヨタディーラー全体から漂うのは世帯臭だったりして、ちぐはぐさも否めない。
子供がもっとこういう世界に触れて、憧れを持てるようなきっかけが多いといいね。

IMG_2666

レカロシートで86テーブルを囲むという(笑) 格好いいのかどうなのか判断できない部分はご愛敬。
ただ、「うちら側」に近寄ろう近寄ろうとする努力はすごい伝わる。

末永くこのモデルを育てていって欲しいぞ!セリカみたいに放置すんなよ!

スポンサーです