今年も執り行ったこの儀式 コンビニおでんとLes Rythmes Digitales

10月も半ばを過ぎて、半袖では寒くなってきた頃、毎年必ず行うマイ儀式。

コンビニおでんを食べながら、Les Rythmes Digitalesのアルバム「Darkdancer」を通して聴く。

この意味の分からない儀式を行って、今年で連続14年目。
おでんじゃないといけないし、Les Rythmes Digitalesを聴かないといけない。

この儀式を行うことで、やっと自分にも秋が来る。

DSC07508
DSC07509

今年もそのタイミングになったので、本日この儀式を執り行った。おでんリズムデジタルス。

Les-Rythmes-Digitales-Darkdancer-front

このアルバムが出たのが1999年の秋で、その時聴きまくっていて、コンビニのおでんを食べたのだろう。

なぜかその体験が染みついており、このアルバムは「秋にコンビニおでんを食べながら」でしか、聴かないようにしているほどだ。
なので、毎年この時期になると、このアルバムとコンビニおでんによって1999年の秋を強烈に思い出す。

社会人1年目、会社では何をやっても上手くいかないが、人前でライブ活動をすることが増えて来た頃だ。

そしてこのアルバムは通して聴くと、最後の方の曲「MDC Vendredi」、「Sometimes」、「Damaged People」とどんより暗くなって終わる。
この終わり方がまたノーフューチャーで、これから来るであろう灰色の冬の時代を予感させる。そこに自分を重ね合わせながら、コンビニおでんを食べる。それだけの儀式だ。

スポンサーです