timaru senior singles blenheim mature dating casual hookup papakura north shore most popular dating app dating your 50s wellington nz singles over 40 in gisborne whangarei dating your 40

これ、乗りました。 トヨタ オーリス

IMG_2702

ケツをフリフリ歩くあのCMが話題になったトヨタのオーリス。
実は新しいブランドじゃなくて、2代目。いや、この流れ自体は昔からあって、古くはカローラFX、ランクス/アレックス、オーリス、と来ている。オーリスの上にはブレイドなんてのもあった。

なんでも、トヨタの相当の肝いりだというので、期待せざるを得ないでしょ。CMで「常識への裏切り」というコピーを使っていたり、Cセグメントでのグローバルカーであるゴルフやフォーカスを徹底研究して、そいつらに勝つために送り込んだのがこのオーリス。

トヨタはここから変わる、とまで言うじゃないか。

じゃあもう、期待せざるを得ない! 試乗するしかない。乗るしかないこのビッグウェーブに、である。

IMG_2705

何せ、86は頑張ったと思う。あれを送り出したトヨタには拍手喝采を送りたいと思っている。素晴らしい。スバルが作ったのかも知れないけど。その他、G’sブランドで走りのモデルをたくさん出してるのも素晴らしい。だめだったけどF1のチャレンジもやった。

ここ数年、何度も何度も、「トヨタは生まれ変わる」という類のキャッチコピーを見てきた。
モーターショーでも、「Re Born」っていうコピーがメインだっただろう。これからは面白い車を作っていくと。

だからトヨタには期待するし、86は頑張ったし、次も期待するわけです。

IMG_2704

で、オーリス。デザインは特に気合いを入れたそうだけど、確かに頑張っている感じはする。
「ここからデザインが変わる」というのも、何となく分かった。巧みな曲線の組み合わせで、シャープな印象を残してると思う。確かに走りを予感させるデザインになっている。

IMG_2706

乗ったのは1.5X Sパッケージという中間ぐらいのモデル。1.5LのNAエンジンにCVTという組み合わせ。エンジンは1NZ-FEで110馬力、ということで平凡そのもの。うーむ、エンジンは馬力じゃないと言うけれど、実際動かして見ると、特に新しいことが無い。実家の車がランクスなのだけど、動力性能としてはランクスと大差が無い…
動力性能だけではなく、ハンドリングがどうにもゆるい。「軽い力でたくさん回転させる」タイプのハンドルで、これがスポーティさを大幅にスポイルしている。ボディデザインは十分スポーティなのに、ここで感じるちぐはぐさ。そこに、特に主張のない、これまでのトヨタ車でさんざん乗ってきた1.5Lの普通のエンジンが、CVTを通して普通に動く。

IMG_2709

ゴルフやフォーカスを徹底研究して、何を得たのだろう?と、ゴルフやフォーカスを知ってる人なら思うはず。

ただ、乗ったのが1.5Lのモデルなので、1.8LのRSなら違うのかも知れない。リアのサスはダブルウィッシュボーンだという。でもこの様子じゃ、ゴルフやフォーカスにはまだまだ壁があるように思える…

ちょうど2日前にゴルフGTIに乗ったので、走行性能という面での違いがどうにも際立ってしまった。

まあ確かに、室内は広いしユーティリティも問題無い。のだけど、ちょっと背伸びし過ぎたのではないか?と思ってしまう。

IMG_2707

試乗車なのにモデリスタの18インチタイヤを付けてたりするのもちょっと気になった。

内装のデザインも含め、デザインを頑張った感というのは凄く感じるのだけど、もうちょっと普遍的な価値がそこにあってもいいんじゃないかな。新しい、ゼロベース、ばかりをみんなが求めているわけではないはず… みたいなことを感じた試乗でした。

提案として俺ならこういうことして欲しいと思う

・スバルの水平対向エンジン+ターボのモデルを持ってくる
・もっと革を使った内装にする
・日本の伝統工芸をさりげなくシートなどに使う