どっちなんだ、田嶋!?

「ギャンブルもしない男は、つまらん男だぞ」

とは、大学時代にバイトしていたブックオフの店長・田嶋の名言。酒に酔ったら必ず言った。

皆さん、ギャンブルしてますか。ギャンブルもしない、つまらん男になってませんか?

僕はもう、つまらん男で大結構。ごめんよ、田嶋店長! こんなつまらん男がバイトしてて。
あれからン年経ったが、僕は相変わらずつまらぬ男のままだ。

競馬やらない。
競艇やらない。
競輪やらない。
オートレースやらない。
パチンコやらない。
麻雀やらない。
株やらない。
FXやらない。
宝くじ買わない。
ロト6買わない。
toto買わない。

超つまらぬ男となってしまった。ごめんよ田嶋。ごめんよ涙。

でも、(例外あるが)確率として損する確率の方が多いものを、なぜやるのか? もっと効率的に金を稼ぐ方法など、いくらでもあるだろう。

…というツッコミは「無粋」なのだと、最近少し分かってきた。プロレスを見て「あれはヤラセだろ」と言うのと同じくらい無粋だと。

このン年の間に、さまざまな人と出会った。さまざまな分野のプロがいた。
僕が出会った彼らのように、ギャンブルに本気で取りかかる人は、自分のやっている事をギャンブルだとは微塵とも思っていなかった。

広義でのギャンブルは上記リストになるが、狭義のギャンブルは「さいころを振って出た目に金かける」完全にランダムな要素のことを言う。
それぞれにどういう勝ちパターンや勝ちロジックがあるのか、詳しくは知らないが、とにかく上記全ては「ギャンブルではなくなる」のだ。
それは、ギャンブルをやらない人間には一生分からない世界だ。

ある競馬好きの同僚がいた。
彼は、競馬はギャンブルじゃない、と言っていた。勝つにはロジックがあるのだと。だから毎日、競馬ブックだのエイトだのという競馬新聞に目を通し、色鉛筆で馬にチェックを入れるのだ。ソフトウエア工学にも精通していた彼は、自作の競馬予想ソフトをVisual Basicで作り、自分で利用していた。勝率は7割だという。ギャンブルではないのだ。
では、負けた時に彼はどう言ったか。

「負ける時もある。でも、競馬場という場所の雰囲気はいいし、芝は綺麗だし、パドックで間近で見る競走馬のたてがみは綺麗なものなんだ。それに対して支払う金、いわば入場料のようなものなんだよ。」

そう、競馬はギャンブルではないのだ。

でも僕は彼の話を聞けば聞くほど、勝ちパターンが見えなくなっていった。これは、僕が手を出して、とても勝てるものではないと悟った。
彼は毎週月曜日の昼時には、会社の休憩室で弁当を食べながら、前日のレースに一喜一憂していた。5~6年会っていないが、元気だろうか。

つまり、このようなロジックは全てのギャンブルに対して言える。

競馬はギャンブルではない。
競艇はギャンブルではない。
競輪はギャンブルではない。
オートレースはギャンブルではない。
パチンコはギャンブルではない。
麻雀はギャンブルではない。
株はギャンブルではない。
FXはギャンブルではない。
宝くじはギャンブルではない。
ロト6はギャンブルではない。
totoはギャンブルではない。

一般的に見たら、株だってギャンブルだ。勝つか負けるか分からない、運の要素があるものは全てギャンブルだろう?
だが、トレーダーとも言われる株の専門家は、全くギャンブルだと思っていない。勝つ、負ける、全てに理由を付ける。大損こいた時も、「高い勉強代を払ったと思えばいい」と、言うだろう? 経済の勉強であると。
それでも、一般の素人より勝率は高いのだろう。

やるなら、勝つまでやる。そしてさらに勝つ方法を考える。
つまり、ギャンブルではないのだ。

この世にギャンブルなぞ、存在しないのだ。ギャンブルだと思った時点で、手を出さない方がいい。100%確率論に支配される世界に行けば、絶対に負けるから。相手は商売だ。

それでも「ギャンブルもしない男はつまらない」のだろうか?
ギャンブルをギャンブルのまま何となくやっている男は、確率論に左右されてるだけなのに、そこに金を出すことで「男として大きな勝負」をするから「つまらなくない男」だと言うのか?

どっちなんだ、田嶋!?

九州ロングドライブ

神戸港から宮崎港までフェリーがあるんです。

鬼の洗濯板。絶景とはこのこと。

人吉のあたりを通過して、天草まで行っちゃいました。

天草では、たなか畜産に! A5牛肉食べ放題です。

天草でのイルカウォッチングって、本当に感動します。

天草の名店「奴寿司」。

天草四郎の銅像。この人、めちゃくちゃ若くして亡くなってます。

その後フェリーで島原に渡り、長崎へ。自分の車で長崎を走れるなんて感動。

大村湾の夕日が綺麗過ぎた。

夜は佐賀の唐津へと、イカを食べに。

翌日は湯布院へ。凄い温泉の数々。

別府に到着。

とてつもない鯖のお造りを頂きました。

フェリーで愛媛の三崎港に渡り、しまなみ海道経由で京都に戻りました。

多くの発見に恵まれました。

お盆

お盆は霊を供養するための日であり、ただの祝日では無い。

昨日のトークイベントで、20年近く前から今に至るまでの様々な話をしたのだけど、その中に出てきた人が既に何人か鬼籍に入っている。

一緒にイベントをやった人、雑誌に採り上げてくれた人、色んなことを教えてくれた人、一緒に音楽をやった人 etc

人が亡くなることを止めることは出来ない。その訃報は突然やってくる。

人は死ぬ。理由は色々あれど、いずれ死ぬ。もちろん自分もいつか死ぬ。
でもたまに、若くして突然死ぬ人もいる。

出会いが多ければ多いほど、たくさんの死に目にも会う。これは仕方が無い。
それが嫌ならずっと一人で家で寝てるしかない。

なので昨日の裏テーマとしては、「会いたいと思った人には何としてでもすぐに会え」でした。

しょうもない交通費をケチってる場合ではない。

お盆になって霊として降りてきてからでは、もう遅いよね。

3時間ソロトーク!「BUBBLE-Bのこれ、言っていいんですか?」

8月11日(金) 19時より、京都cafe la siestaにてBUBBLE-B3時間ソロトークイベントを行います。

題して「BUBBLE-Bのこれ、言っていいんですか?」

今年で41歳、京都に来てから早3年。
笑える話、笑えない話、怖い話、暗い話、恥ずかしい話、しみったれた話、さわやかな話、幸せな話、おいしい話、キツい話、儲かった話、損した話、気持ちよい話、クソな話、いい奴の話、やな奴の話、都会の話、田舎の話を語ります。

入場は無料です。でもカンパ制ですので、面白かった方はチャリーンをお願いします。
お礼として額に応じてCDを在庫処分プレゼントします。

1000円:1枚
2000円:3枚
3000円:7枚

■タイトル
BUBBLE-B「118」
カラテクノ「演武レイヴクロニクル」
BUBBLE-B feat. Enjo-G 7インチアナログ「ぞっこん!バーベキュー」
デステクノコンピレーション「SPEEDKING Vol.5」
デステクノコンピレーション「8bit RAVE」
あじわい回転寿司禅 トリビュートコンピレーション「Sushi Disco」
気仙沼でのパーティ記念コンピレーション「横丁ライジング ~気仙沼大好き人間たちのハメ外しすぎ THE WORLD~」
TOY LABELコンピレーション「ROBOTCH2001」
謎の企画CD ビス・ゲイディス「MY LIFE」
BUBBLE-Bリミックス参加の台湾HIPHOPアルバム 「發生了什麼事?」
その他あるかも。現品限り。

■その他物販
書籍 「全国飲食チェーン 本店巡礼 ~ルーツを巡る旅~」 1,300円 (こちらはカンパプレゼント対象外)

ご来場くださいませ。