サラリーマンを辞めました

サラリーマンを辞めました

本日で退職しました

本日11月29日で、2011年から8年半勤めたフリュー株式会社の最終出社日となりました。
在職中は多くの方々に大変お世話になりました。

主に従事した仕事としては、スマホゲームのプランニングやサウンド、アニメーションやテキストライティングに至るまで、実に多くのことを経験させていただきました。
あと品質管理ってのもやりました。食品衛生法とか家庭用品品質表示法みたいな、自分の人生で全然知らない世界だったことも勉強になりました。いつか何かに役立つでしょう。

ちなみに最初は東京の本社に入社して、途中京都の事業所に転勤になって、また東京に戻ってという8年半になりました。
この転勤も大きな経験となったと思います。

これからの仕事について

独立します。
コンポーザー、ライター、デジタルコンテンツ作家、PR、といった仕事をフリーでやっていこうと思います。
あと、地方に関わる仕事もしたいので、そちらの勉強もしていきたいです。

とはいえ、「サラリーマン時代の仕事の案件が引き続きもらえる」とか、「副業としてやっていたことが本業より儲かり始めた」というようなことは一切無くて、43歳にして暗闇を彷徨うような状況での独立となります。

なので、こんな所で書くのも最初で最後だと思いますが、お仕事お待ちしてます。
全力で頑張ります。

Uターンします

もう一つ、12月20日に川崎市の現住居を引き払い、出身地である滋賀県の大津市の実家に戻ります。
フリーランスとしてスロースタートになるのであれば、ローコストで生活できるこの選択肢はアリかなと思ってます。
東京に住まなければ生きていけないことも無いだろうし。
実家にスタジオ組みます。

親が二人とも健在なうちにUターンするのもまたタイミングかなと思います。
関西の皆さん再び、いや、三たび、よろしくお願いします。

もちろん、京都に住んでいた時のように、ちょくちょくと東京にも出向きます。
今度は仕事として行くこともあるかも知れません。
そして東京以外の日本のあちこちにも行きたいと思ってます。

そもそも、なぜ退職するの?

これは一言では言えないのですが。
ポジティブな理由とネガティブな理由がそれぞれ100個ずつくらいあるので、「これが絶対嫌だから」「これを絶対やりたいから」という感じではありません。

環境、機嫌、直感、経験、将来、寿命、健康、興味、気分、年齢、寿命、体力、地方、都会、音楽、写真、貯金、友人、恩人、家族、価値観、とかを3分くらいジューサーミキサーにかけて、出てきたミックスジュースの味が退職だったという感じです。

これから色んな人に「なぜ辞めたの?」と聞かれることでしょう。
その度に煮え切らない答えを返すことになると思いますがご容赦ください。

満員電車に乗らなくてもいい

会社は渋谷だったので、毎日の行き帰り、死ぬほど混雑する田園都市線に乗ってました。
これがもう辛くて辛くて。

若い頃は満員電車が辛いなんて甘えだと思っていたのですが、今は普通に辛いです。キツいです。
これに乗らなくても良くなるだけで、ひとまず、いい感じです。

今後とも変わらず、どうぞよろしくお願いします。