black singles in manukau city popular dating apps in north shore blenheim fun dates free online dating canterbury christchurch match making popular dating apps auckland nz masterton 100 free dating sites

CDにはダウンロードコードがあった方がよい意味&付けていく宣言

  • 2022年4月18日
  • 音楽
  • 0件

この時代にCDを作る意味って…

「CDはもうオワコン!CDなんか売れません!」
「今年入ってCDなんか1枚も買ってないし!」
「やっぱサブスクでしょ」
「アナログレコードは買うよ!」

という話を、もう何百回も聞いた。

分かったよ!CDの時代は終わったんだ。
CDなんて出さなきゃいいんでしょ?
あんなの前時代の廃れたメディアだよ!

そんなことは知っているが…

またCDを作った。
M3でリリースするし、ネットでも販売する。

でも…

「家にCDプレイヤー無いんだよね」
「車はBlutoothオーディオしか付いてないんだよね」

そんな声を聞くと、いよいよか、という気がしないでもない。

時代には逆らえない。
アナログレコードやカセットテープみたいに、マニア主導で、CDもいつか復権するかも知れないけど、何年先だか分からない。そんな時代まで自分が生きてるのかすら。

でも作品を作ったら、CDという形態でアルバムにして、ジャケットやインレイ、盤面デザインも含めて、「できたよ!」と言って物理的な何かをリスナーの皆さんに届けたい
アーティストやレーベルのエゴかも知れないけど。

「配信始まりました~」でもいいんだけど、やはり味気ない

サブスクは、世界のレジェンド級アーティストのためのもの。
マイケル・ジャクソンさんとか、ビートルズさんとか。
マイケルのアルバム「スリラー」を聴きたくなった時、スリラーをCDで買のではなく、サブスクで聴くのがちょうどいい。そんな人が何億人もいるから、マイケルは今でも稼ぎ続けている。

これが1000枚程度しかプレスしない(1000枚程度しか売れない)私のような泡沫アーティストが真似したところで、1再生0.1円くらいの世界。ひと月の売上げは150円とか、悪夢のような状況になるだけ。そんなことでは製作費なんて一生ペイできず、音楽家廃業待ったなしである。YouTubeの方がマシ。

さあ困ったぞと。

日本には「M3」がある

世界中でCDがオワコンになった今、まだCDが流通しているのは日本だけらしい。
日本の音楽配信事情だけは世界と違っていて、ガラケーでの「着うた」ブームになってから消滅というターンを10年くらい経験したせいか、世界的な音楽配信事情からは遅れをとった。その結果、2020年でCDと配信の市場比率は7:3だとか。まだまだCD優勢な、変わった国の出来上がりである。

とはいえ、売れているのはメジャーアーティストが中心。
インディーズになると、特に泡沫アーティストは、大型レコード店ですらあまり仕入れてくれなくなった。
地方のレコード店になると0枚が基本。

なので流通させても、売れるのは9割以上Amazon
今や泡沫アーティストにとって、インディーズ流通とはAmazonへ卸すこと、になっている。
Amazonってそんなに好きじゃないんだけどな。

アーティストの作品は、レコード店の新譜の棚に並び、試聴機もに入り、バカスカ売れることが華だと思うんだけど、力不足で時代に逆らえず、リスナーの皆様には申し訳ない感じ。
(流通業者にプロモーション費用を払えば店頭ポップなどは作ってくれる)

そんな私みたいな草の根レーベルの拠り所は、なんといっても音系・メディアミックス同人即売会「M3」

インディーズと違って同人音楽ってのは、即売会が主戦場。
その後はショップへの委託販売と、サイトでの直販。
その大半がインディーズ流通には載らない。

だから同人音楽というのは、レコード店やAmazonでは見かけないような、独特の作品たちがたくさんある。
2次創作への考え方とか、販売ではなく頒布という言い方をする意味とか、そもそも概念が違う。

日本は知っての通りアニメ&ゲーム大国。オタクによるオタクのための国家。クールジャパン。
だから世界の潮流とは無関係に同人市場が元気だ。

おそらく今、世界で最もCDが販売される場所はM3の会場だろう。
日本の宝と言っても過言ではない。

CDより先にCDプレイヤーが絶滅寸前

でも、CDはCDプレイヤーがあって初めて再生できるもの。
CDプレイヤーは家電メーカーが作るもの。
家電メーカーは世界のマーケットを相手にするから、世界的にCDが売れなくなってるのなら、CDプレイヤーも作らなくなるのが当然の流れ。売れない製品を作っても仕方ないからね。

音楽を聴くのはスマホとBluetoothイヤホンの組み合わせが主流。
母艦のパソコンも、CDドライブのないノートPCが増えた。
今のMacBook Proなんて、どの機種もドライブが付いていない。

車だって、現行の多くの車種にCDプレイヤーが付いていない。
最新のスズキ・アルトも、ナビ装着車のナビにCDドライブはなく、Bluetoothでスマホと接続させる使い方が主流だ。

いくら同人音楽が盛り上がっていても、CDは再生環境がどんどん漸減し、追い詰められている。

だからCDだけを作っていては、いずれ死ぬ。

同人音楽のCDにダウンロードコードを付ける提案

去年、久しぶりにCD「最果てアンビエント」をリリースしたとき、そのような状況を目の当たりにして、打開策を考えた。

それは、CDにBandcampのダウンロードコードを付ける、というもの。

デジタルなのにダウンロードコードを付けるとは?と疑問に思うかも知れない。
それは、その人が今でもCDに慣れ親しんでいる人だからだろう。

前述の通り、CD再生環境が漸減していく中で、CDという円盤メディアが終わりを迎えつつあるのは事実であり、CDに慣れ親しんでいる人も、どんどん減りつつある。

かと言ってサブスクに流せば、ひと月の売上げは150円だ。
自分はマイケル・ジャクソンではなく、ロングテールの端っこの、泡沫アーティストであることを忘れてはならない。

じゃあBandcampで販売するとか、iTunesで販売するのは?

それもいい。しかし、それだけだと味気ない。
物理メディア要らないよ~場所とるよ~というリスナーのために、BandcampやiTunesでの販売も行うのが良いだろう。サブスクと違って、ひと月150円の売上げということも無いだろうし。

でも、物理メディアには良さがある。

その両方を一気に満たすのが、CDにBandcampのダウンロードコードを付ける、という方法だ。

Bandcampは、パスワードを入れれば無料でアルバム全曲がダウンロードできるという機能がある。
1ダウンロードごとにユニークなパスワードが発行されるので、1000人分のパスワードを発行するなら、1000枚のそれぞれ異なるパスワードを記したメモをCDに添付する必要がある。
(同一のダウンロードURLと同一のパスワードを印刷すると、それが流出したら終わりになる)

そして、パスワードの書いた紙はプレス工場でCDのジャケット内部に投げ込むか、ラベルシールでCDに貼り付けるかだ。

工場で投げ込むのが手間の面からもベストだが、それが出来ない場合はCD貼り付けとなる。
貼り付けた場合はパスワードが剥き出しになるので店頭に並べることはできないが、小規模なら手軽である。

なので、M3やイベント会場での手売り、直販での販売には、ダウンロードコードのラベル貼り付けが良い気がする。
これでCDプレイヤーが無い人でも聴くことができるし、アートワークを楽しんでもらうこともできる。

ダウンロードに付加価値を付ける

そして、CDを再生できる環境のある人にも、是非ダウンロードをしてもらえるように、ダウンロードに付加価値を付けたい。

1つ目は「ハイレゾ」
CDは44.1kHzの16bitという音質規格のメディアだが、時代はハイレゾだ。
つまり、96kHzの24bitというCDの4倍のデータ量でよりヌケのよい高音と滑らかな音の大小が実現できて、音空間がよりリアリティのあるものになる。
(前提として、DAWでハイレゾ環境で録音・制作し、ハイレゾ環境でマスタリングする必要がある)

Bandcampは96kHzの24bitのハイレゾ規格まで対応しているため、CDで買ったリスナーに、ハイレゾ版を付けることができる。
Bandcampは賢くて、ダウンロードできるファイル形式も複数選べる。WAV、AIFF、ALAC、FLAC、MP3など。
ダウロードコードを入手した人は、好きな形式を手に入れることができる。(1アルバムにある複数のファイル形式、全てダウンロードすることも可能)

2つ目は「ボーナストラック」
Bandcampのアルバム曲にボーナストラックとして数曲加えると、CD版より多くのトラックをダウンロードすることができる。これもダウンロードならではの付加価値。

(あとはこっそりミックスを微調整したりとか…)

全タイトルにダウンロードコードを付けます宣言

ということで、これからM3やサイトで販売する全タイトルにBandcampのダウンロードコードを付けます!!
もちろんBUBBLE-B feat. Enjo-G新作「君に聴かせたいテクノがあるんだ」にも付きます。ハイレゾです。
Enjo-Gさんの声が96kHzの24bitで、より汚く、迫って聞こえます。多分。

というわけで、4/24のM3 ク-13a SPEEDKING PRODUCTIONSブースでお会いしましょう。
また、直販サイト「BUBBLE-Bストア」でも、各種タイトルを取り揃えております。