上田正樹の「悲しい色やね」ばかり聴きたい日もあるので、集めてみた

hqdefault

大阪の家庭には必ず1台たこ焼き器があるように、大阪人ならかならず歌える名曲、上田正樹の「悲しい色やね」
今、この曲ばっかり延々と聴いていたいという、悲しい色やねブームが到来中。

ということで、順番に聴いてみたい。

まずはオリジナル。


悲しい色やね / 上田正樹

本人による最もオリジナルのレコーディングに近いバージョンであろう。格好いいな。もう素晴らしいとしか言えない


悲しい色やね / 上田正樹

ちょっとアレンジがファンクっぽくなった1984年の本人バージョン。この時点でこの曲の自由さが伺える。


悲しい色やね / 上田正樹

たぶん90年代くらい。本人バージョン。


悲しい色やね / 上田正樹

これも90年代くらいかな。いきなりサビから始まるのはやっぱ違和感あるな…


悲しい色やね / 上田正樹

2008年らしい。大きく崩したアレンジとアドリブパートがファンの間で物議を醸し出したバージョン。このバージョンを聴くとカラオケで歌うときにイエスと入れてしまう。しかしHold me tightの前にPleaseを入れるのは、どうか。


悲しい色やね / 上田正樹

2016年、最新の悲しい色やね。最新のポルシェが最高のポルシェ、最新の布袋が最高の布袋ならば、最新の上田正樹が最高の上田正樹である。上の2008年スタイルを踏襲しているが、Pleaseは消えた。

悲しい色やねには多くのカバーがあり、どれも秀逸である。


悲しい色やね / つんく♂

つんく♂バージョン、布施や長瀬らへんを感じる東大阪テイストでブルースを歌い上げてて最高である。。ちょっとレゲエなアレンジもいい。


悲しい色やね / 久保田利伸

いや~これは凄い。久保田利伸の歌唱力に圧倒され続ける快感。


悲しい色やね / 米倉利紀

エロさがとんでもないことになってる米倉利紀バージョン。何も足す必要の無い世界。


悲しい色やね / カールスモーキー石井

カールスモーキー石井色がしっかり出てるこのバージョン、かなり好きである。


悲しい色やね / チョー・ヨンピル

日本人には出せない韓国の郷愁が付加されたバージョンとでもいうか。釜山港へ帰れ感があるというか、むしろ釜山港の色は悲しい色やねというか。K-POP。


悲しい色やね / 八代亜紀

八代亜紀バージョン、これは凄い。場末感に漂うブルージーなアトモスフェアを全力で浴びる感じ。「泣いたら」の所がちょっと優しい感じで母性も感じる。


悲しい色やね / 五木ひろし&オール巨人

1コーラス目は五木ひろし。五木節としか言いようのないグルーヴ、横浜たそがれ感が付加されたようである。そしてオール巨人の歌唱力がこれまた凄い。


悲しい色やね / 氷川きよし&グッチ裕三

意外にも氷川きよしに演歌感は無くストレートに歌い上げてる。

https://www.youtube.com/watch?v=Yq2ityovLC8
悲しい色やね / 森進一

森進一バージョン、完全に成立していて凄い。冬のリヴィエラ感である。いや、襟裳岬か。大阪よりもっと寒い地域の海を見てる気がする。流氷とか。


悲しい色やね / 神野美伽&中村美律子

必聴なのは2コーラス目の中村美律子。ゾクゾクするくらいの何かがある。中村美律子が中村美律子であることを一切曲げず、上田正樹の世界に殴り込んでる。圧倒的。


悲しい色やね / 木村拓哉&明石家さんま

ほとんどキムタクが1人で歌ってる。歌はともかく、ギターが怪しい。そんなコードじゃないだろう…
明石家さんまに歌って欲しいなぁ。アミダババアの唄みたいな感じで超ブルージーになりそうなのだが。

コメントを残す