taupo asian dating app gisborne dating agencies new plymouth dating site upper hutt best hookup site dating coach near ashburton auckland gay dating virtual speed dating in wellington nz whangarei free online dating sites

名刺を作って思った、「伝わる vs 伝わらない」

自分のことが伝わらない

初めて会う人に自分のことをどう伝えるか?
いつもなかなか難しい。

色々なことをしていても、それらを全て相手に伝えるのは不可能だ。
ましてや、口頭でならなおさらである。

だから、口頭で自己紹介する時は、伝える肩書は1つに限る。2つ以上何か言っても相手は混乱する。
人がその場で理解するのは、人一人に対してその人のやってることは1つだけだ。

でもそこにいる第三者が、僕のことを「こういう活動もしてる」「ああいう活動もしてる」と次々に紹介してくれる。それは嬉しいけど、情報が多く散漫になり相手が混乱してしまい、「何の人か分からないけど、色々やってて凄いんですね」と思われて終わりである。

それが嫌なので、自分で肩書きを整理して、自分の名刺を作るしかなかった。
一体どうしたもんだ…

肩書きは1つだけがベスト

上に書いたように、本当は肩書きは1つだけにするのがベストだ。
「自分はこれなんです!この人生を歩んでるんです!」と言っていれば相手の認識も早い。

日本では特にマルチに何かをやる人よりも、一つのことに打ち込んだ人が評価される。
色々なことを器用にこなす人が弾くピアノよりも、ピアノだけに打ち込んだ人が弾くピアノの方が、人の心に響くのだ。

「成功したければ一つのことだけをやりなさい」

誰が言ったか知らないが、そのような金言は真理だと思う。
それは、他人が人ひとりに対して覚える属性は一つだからである。
「Aさんは○○の人」以上。それ以上の情報は受け取れきれない。
だから、たとえ複数のことを器用にこなしていたとしても、一つだけに集中しているように見せるのがよいのだろう。

でも、それをするには色々な肩書きを切り捨てる度胸がいる。
なかなか、それができない。

アレやってますコレやってます、ナニもやってます、SNSはこことソコとアレとドレとで、ポッドキャストはコレで、YouTubeチャンネルはドレで、メールアドレスはコレで、ブログはコレ、電話番号はコレでLINEはソレ…
と、自分のパラメーターを正直に全部書いて、裏も表も文字だらけの名刺を作っていた。

こんな具合に。


これが今まで配っていた名刺

「色々やってるんですね」と言われることが多い。情報が多くて、何の人か分からないのだ。

そんな名刺もらって、誰がそのURLにアクセスするのか?
誰がそこから僕に電話をするのか?
誰もしないだろう。
スパムメールのようなウザい名刺は、自分が何者なのかが伝わる以前の問題だ。

とにかく、他人が人ひとりに対して覚える属性は1つだけである。

「木こり BUBBLE-B」と書いてあったら、「ああ、この人は木こりなんだな」と。
「金塊密輸業 BUBBLE-B」と書いてあったら、「ああ、この人はヤバイことしてるな」みたいな。

自分はどんな人なのかを超絶シンプルな言葉で書く。
連絡先も何か一つで十分だ。

そこで、完全に割り切ってみた。

新しい名刺はこうなった

これが新しい名刺の表面。

肩書きは「1号店トラベラー・DJ」だけ。
名前は「BUBBLE-B」だけ。

上半分には様々なチェーン店の看板をコラージュしたもの。

裏面は「本店の旅」ブログのトップ画像とURL、そしてこのブログのトップ画像とURLだけ。

肩書きをいっぱい書くのも、TOY LABELとかSPEEDKING PRODUCTIONSとかレーベルを書くのも、全マ連とかも、全部やめた。
メールアドレスを書くのもやめた。
TwitterやInstagramのアカウントを書くのもやめた。
電話番号も無し。

「1号店トラベラーでDJ」、だけ。
不安になるほど情報が少ない。

でもBUBBLE-Bに連絡したければBUBBLE-Bで検索したらすぐにこのブログが出てくるし、それで十分。
曲作りもしているけど、それも全て「DJ」としてひっくるめる。それでいい。
ただ「1号店トラベラー」と「DJ」は、どうしても一つに出来なかった。1つは無理だった。でも2つに減らした。

情報を減らした分簡単になって、インパクトも強まったのではないだろうか。
と同時に、名刺というものがどんどん形骸化しているようにも思える。
ブログやTwitterやInstagramを見ればすぐその人にリーチしてしまうので、もう「名刺を渡す&名刺をもらう」という行為はただのイベントになっていると思う。
なので文字情報をズラズラ書くのをやめてみた。

いずれ、場末の居酒屋の入り口横にあるコルクボードにこの名刺を貼り付けてもらうことを夢見て。