石山寺の「揚げみたらし団子」がマイブームになってる

桜が満開の石山寺

近所の寺、マイ寺こと、石山寺。
高校時代、この寺の山門前の道をチャリこいで通学していた。

桜も満開になってるけど、コロナの影響で人はまばら。
2020年にこんな石山寺になるとは、ここで源氏物語を書いたとされる紫式部も驚くだろう。

そんな石山寺、山門前にあるお土産屋さんに「揚げみたらし団子」というのがある。

その名の通り、みたらし団子を揚げている

味は「自家製しょう油だれ」「特撰きな粉」「梅の香」「味わい抹茶がけ」の4種類がスタンバイしている。
気になるので全部食べてみた

スポンサーです

揚げみたらし 「自家製しょう油だれ」味

まずはスタンダードな「自家製しょう油だれ」

あっ、これ素晴らしい。トラディショナルなみたらし団子の味のまま、表面がカリッとなっていて、食感が面白い。
初めて食べたとき、揚げたこ焼きで人気の「築地銀だこ」を思い出した。

甘辛な味付けのバランスも素晴らしい。まずは基本の「自家製しょう油だれ」から始めると良いかも。

揚げみたらし 「特撰きな粉」味

これが「特撰きな粉」

その名の通り、きな粉がたっぷりまぶしてある。
きな粉と揚げみたらしの組み合わせって、ちょっと今まで食べたことのない食感かも?
いわゆる、きな粉きな粉した感じ(どんなんや)に、表面がカリッ、中はモチモチ、という揚げみたらしとのマリアージュ。
これは新しい。

それにしてもきな粉がボロボロこぼれるので、食べ方注意!

揚げみたらし 「梅の香」味

見た目は自家製しょう油だれっぽいけど、味は全然違ってて、梅のサワーなテイストが全面に出てきている。甘さも控えめ。

この梅の感じがリアルだなと思ってよく見ると、

梅肉たっぷり。
なるほど、梅の酸味をたっぷり味わえるのが、梅の香味。

春らしい、この季節には最高の味!

揚げみたらし 「味わい抹茶がけ」味

抹茶味のみたらし団子ってどんなんよ? と思って食べてみた。
そうすると予想以上の抹茶感。これが一番の変化球かも知れない。

抹茶の香りが漂い、何だか抹茶スイーツを食べているような感じすらする。
4つある味の中では最もスイーツ感が強いかも。

抹茶パウダーに寄ってみた。寄りすぎて結晶の形まで見える。

「味わい抹茶がけ」は唯一の200円。それでもこの独特の抹茶感、一度は味わってみて欲しい逸品。

今日が満開かな。

スポンサーです