雑記

2/2ページ

今年上半期 買って良かったものリスト

NO IMAGE

気がつけば今年ももう半分経過。 2月に京都からまた川崎に引っ越したりと大きなイベントがありました。 そんな中、今年買って良かったものをリストアップ! Amazonプライムデーが終わってから紹介という絶妙なタイミングの悪さですが、参考までに! USBモバイルオーディオインターフェース Roland UA-M10 これは無茶苦茶良い買い物でした! 音楽やってる人でないと実感できないかも知れないけど、D […]

「よろしくお願いしまする」

物心ついた頃に初めて「ワープロ」に触れた時から、今に至るまで、当方の日本語入力は「かな入力」である。 世間では「ローマ字入力」が当たり前という雰囲気なので、かな入力は珍奇な目で見られるが、当方これが普通であり、最も自然だと思っている。 一文字打つのにキーは1つ押すだけなので、ローマ字入力と比べると入力が速い。ブラインドタッチも出来る。 かな入力の生産性の高さについて、社会的にもっと優遇されてしかる […]

初対面の人への自己紹介

初めて会う人に、自分のことをどう伝えるか? いつもなかなか難しい。 口頭で自己紹介するなら、肩書は1つだけ言うに限る。2つ以上何か言っても、相手は混乱する。 人がその場で理解するのは、人一人に対してその人のやってることは1つ、だけだ。 でもそこにいる第三者が、僕のことを「こういう活動もしてる」「ああいう活動もしてる」と口頭で紹介することにより相手が混乱し、まともな自己紹介ができなくなるので、自分で […]

ヤンキー vs ニコタマダム

NO IMAGE

Instagramとかブログでマダムたちが日々の丁寧で上質な暮らしっぷりをキラキラな写真でUPすることと、ヤンキーが金色の文字がガーっと入ったスウェットを着てオラつくことは、やってる事は実は同じなのではないかと思う。 日々の丁寧で上質な暮らしアピールというのは、言い換えれば可処分所得に余裕があり、その余った部分をいかに生活向上に向けているかということだが、これも言ってみれば競争社会。どれだけ余裕が […]

どっちなんだ、田嶋!?

「ギャンブルもしない男は、つまらん男だぞ」 とは、大学時代にバイトしていたブックオフの店長・田嶋の名言。酒に酔ったら必ず言った。 皆さん、ギャンブルしてますか。ギャンブルもしない、つまらん男になってませんか? 僕はもう、つまらん男で大結構。ごめんよ、田嶋店長! こんなつまらん男がバイトしてて。 あれからン年経ったが、僕は相変わらずつまらぬ男のままだ。 競馬やらない。 競艇やらない。 競輪やらない。 […]

3時間ソロトーク!「BUBBLE-Bのこれ、言っていいんですか?」

NO IMAGE

8月11日(金) 19時より、京都cafe la siestaにてBUBBLE-B3時間ソロトークイベントを行います。 題して「BUBBLE-Bのこれ、言っていいんですか?」 今年で41歳、京都に来てから早3年。 笑える話、笑えない話、怖い話、暗い話、恥ずかしい話、しみったれた話、さわやかな話、幸せな話、おいしい話、キツい話、儲かった話、損した話、気持ちよい話、クソな話、いい奴の話、やな奴の話、都 […]

これ、買いました。 「快眠の基本枕」

NO IMAGE

弱い頭痛が毎日続くようなことがあって。 色々な原因があるけど、やはり、頭への血行があまり良くないのも理由の一つみたいで。 あれ、枕じゃないか? と思って振り返ってみると、いつも使ってる枕は硬い。パイプがパンパンに詰め込まれている。 頭痛の原因はそれかも知れない。 ということで、こんな枕を買ってみました。 いや~~、びっくりするほど、睡眠の質が改善されましたよ? 夜、スーっと眠りに付けて、朝、スーっ […]

ピエリ守山と、移ろいやすい滋賀県人の興味 ~衰退より復活の方が断然凄いという話

1995年の大学1回生の頃の僕は、瀬田のパワーセンター大津にあった「和光デンキ」でバイトをしていた。 その時は土日にもなると、10:30の開店と同時に波のように押し寄せてくるお客さんの渦をいかに捌くか、みたいな感じで、和光デンキの他にもトイザらスも含めて、とにかくパワーセンター大津という場所は注目すべきショッピングセンターだったのである。 それから少しして、膳所に出来たパルコ大津店。ここも当初は物 […]

『敷居が高い』とはどういう事か?

初めての物を買う、行ったことの無い所に行く…といった「初めての行動」には、かならず「敷居」を乗り越える必要がある。 【敷居】 1 門の内と外との仕切りとして敷く横木。また、部屋の境に敷く、引き戸・障子・ふすまなどを開けたてするための溝やレールのついた横木。 2 屋内や地上に敷いて座るござ・むしろの類。〈名義抄〉 これを話の喩えとして、中に入りづらいことを「敷居が高い」という風に使われている。本来は […]