BUBBLE-B

MUSIC * FOOD * LOCAL

BUBBLE-B NEW ALBUM「最果てアンビエント」 10月20日リリース

  • 2021年10月18日

おもしろサンプリングでもっとも影響を受けた番組

バーバラ寺岡 キッチンコーディネーター バーバラ寺岡 キッチンコーディネーター バーバラ寺岡 キッチンコーディネーター … 何のことか分からないと思うが。 昔、フジテレビで「意味なしほーいち」という単発の番組があった。 意味の無いトーク、シュールな編集、繰り返す天丼エディットだけで構成されただけの、 […]

  • 2021年10月14日

工場からCDが届く瞬間、 それは人生のハイライト

CDを作るというのは、CD工場のプレス機で大量に生産されるということであり、それが自宅に届くということである。 大量のCDが家に届く瞬間というのはもの凄くテンションの上がる瞬間であり、ドンヨリ落ち込む瞬間でもあるのだ。 初めてのCDプレスだったカラテクノの4th「The GODHAND Experi […]

  • 2021年10月1日

新作アルバムができました「最果てアンビエント」

突然ですが、BUBBLE-Bの新作アルバムが完成致しました。 その名も「最果てアンビエント」 「最果て」で、「アンビエント」なのです。 えっ、走りのセダンの人が?みのもんたラップの人が? アンビエント?鼻炎と間違えてないか? と言いたい気持ちも分かりますが、今回はサンプリングとかは無しです。 まして […]

  • 2021年8月21日

これは「チー牛」ではない

「すき家」── どこの駅前にもあるありふれたチェーン店。 腹が減ったとき、胃に流し込むように無言で食べる、都会人の栄養食── そう思ってた時期もありました。 滋賀の片田舎にUターンした今は、最寄りのすき家まで、車で20分。 国道沿いにあるすき家までシトロエンを走らせる道すがら、何をオーダーしようか、 […]

  • 2021年7月19日

夢の中の開会式

どこかは分からないけど、大きく新しい会場。 何かの開会式が行われている。 観客席には満員の人が、世界各国の旗を振り、笑顔でその時を待っている。 やがてスモークが炊かれ、暗転したメインステージに、4人のシルエットが浮かび上がる。 「誰だ?」 「何が始まるのだ?」 ざわつく会場。 突如、激しい8ビートの […]

  • 2021年6月25日

Facebookは「おめでとう」を言い合うSNSか?

Facebookは俺たちに「おめでとう」と言わせようとしているのか 少し前に書いたこんなツイート。 Facebookで人気者になりたければ、人から「おめでとう」と言われる要素を少しでも多めに集めて、それに特化した書き込みをすることだ。子供の成長、会社で昇進、誕生日 etc、Facebookでウケるの […]

  • 2021年6月21日

ヒマは悪なのか?問題

2005年の愛知万博に行ったときのこと。 世界各国が思い思いのパビリオンを出展し、その国の文化を紹介していた。 どこの国だったかは忘れたけど、アジアか中東かの国が「くつろぎ先進国」と銘打っていて、順路にある窓枠みたいな所から中を見ると、ソファーとか絨毯の上でゴロゴロと寝転がってる人がいるだけではない […]

  • 2021年3月28日

シトロエンDS3と僕の10年

シトロエン DS3という車に乗っている。 ピンと来ないかも知れないが、シトロエンというフランスのメーカーの、DS3という名前の車だ。 最初に買ったのは、2012年。 今は無き、川崎のシトロエン宮前で。 初めての新車、ハンコを押す手が震えた。 素敵なドライバビリティ、素敵なデザインに猛烈に惚れての新車 […]

  • 2021年3月10日

3.11と僕と10年

2011年3月 川崎 2011年3月11日 14時46分、僕は何をしていたのだろう。 前月、せっかく仲間と起業した会社を色々あって抜けた。 全てをリセットしたくなったので、引越しをして、車を買い換えるも、次の仕事を見つけることもなく、茫然自失の日々。 引っ越ししたばかりのマンションにて、2011年3 […]

  • 2021年1月17日

掘っ立て小屋が、居酒屋だった時の話

「この仕事、時給に直したら100円もあらへんわ」 無精髭を雑に蓄えた大将はそう言って、ビールを注いだ。 あれは京都に住んでいた頃の話。 自宅から徒歩2分くらいの、大きな道路に面したところに、廃墟同然のみすぼらしい掘っ立て小屋があった。 ある日、その小屋が突如として居酒屋に変貌した。 とはいえ看板もな […]