楽曲提供しました!

縁あって、僕が楽曲提供した「MKさくら」。(以前このブログでもお伝えしたと思いますが)
異色の空手系アイドル。その初のオリジナル曲を作曲・編曲しました。

この日曜日、名古屋のセントレアホールで演武がパフォーマンスされました。
そのステージの様子を撮影し、いい感じに編集も完了し、オフィシャルOK出たので公開です。

いや~~凄い。目が点になるパフォーマンス。誰も見たことのない種類のアイドルでしょう。
自分の曲でここまでガッツリと作り上げられたのを見て、本当に感動しました。凄すぎる…

曲も試行錯誤。アイドルポップスなんて作るの初めての中、キャッチーでキラキラした中にどこか切なさがあり、何よりこのパフォーマンスが映えるようなメリハリのあるアレンジを…と考えて、ドラムンベースになりました。

空手 アイドル ドラムンベース。この組み合わせ is 最高。

でも惜しいことに、センターの梓ちゃんがこの日のステージをもって空手そのものを引退とのことで、この映像がこのメンバーでのラストステージに。新メンバー探しを迫られております。

これから、2曲目、3曲目とまた違うタイプの曲を作って行きますよん。
リアルな「空手界のPerfume」を作りあげたいと思います。早くTIFに出ましょう!

僕は何だかこういう、「ステージで音楽と共に披露される芸術としての武道・武術」というジャンルのものが好きみたい。

DSC04471

DSC04489


上田正樹の「悲しい色やね」ばかり聴きたい日もあるので、集めてみた

hqdefault

大阪の家庭には必ず1台たこ焼き器があるように、大阪人ならかならず歌える名曲、上田正樹の「悲しい色やね」
今、この曲ばっかり延々と聴いていたいという、悲しい色やねブームが到来中。

ということで、順番に聴いてみたい。

まずはオリジナル。


悲しい色やね / 上田正樹

本人による最もオリジナルのレコーディングに近いバージョンであろう。格好いいな。もう素晴らしいとしか言えない


悲しい色やね / 上田正樹

ちょっとアレンジがファンクっぽくなった1984年の本人バージョン。この時点でこの曲の自由さが伺える。


悲しい色やね / 上田正樹

たぶん90年代くらい。本人バージョン。


悲しい色やね / 上田正樹

これも90年代くらいかな。いきなりサビから始まるのはやっぱ違和感あるな…


悲しい色やね / 上田正樹

2008年らしい。大きく崩したアレンジとアドリブパートがファンの間で物議を醸し出したバージョン。このバージョンを聴くとカラオケで歌うときにイエスと入れてしまう。しかしHold me tightの前にPleaseを入れるのは、どうか。


悲しい色やね / 上田正樹

2016年、最新の悲しい色やね。最新のポルシェが最高のポルシェ、最新の布袋が最高の布袋ならば、最新の上田正樹が最高の上田正樹である。上の2008年スタイルを踏襲しているが、Pleaseは消えた。

悲しい色やねには多くのカバーがあり、どれも秀逸である。


悲しい色やね / つんく♂

つんく♂バージョン、布施や長瀬らへんを感じる東大阪テイストでブルースを歌い上げてて最高である。。ちょっとレゲエなアレンジもいい。


悲しい色やね / 久保田利伸

いや~これは凄い。久保田利伸の歌唱力に圧倒され続ける快感。


悲しい色やね / 米倉利紀

エロさがとんでもないことになってる米倉利紀バージョン。何も足す必要の無い世界。


悲しい色やね / カールスモーキー石井

カールスモーキー石井色がしっかり出てるこのバージョン、かなり好きである。


悲しい色やね / チョー・ヨンピル

日本人には出せない韓国の郷愁が付加されたバージョンとでもいうか。釜山港へ帰れ感があるというか、むしろ釜山港の色は悲しい色やねというか。K-POP。


悲しい色やね / 八代亜紀

八代亜紀バージョン、これは凄い。場末感に漂うブルージーなアトモスフェアを全力で浴びる感じ。「泣いたら」の所がちょっと優しい感じで母性も感じる。


悲しい色やね / 五木ひろし&オール巨人

1コーラス目は五木ひろし。五木節としか言いようのないグルーヴ、横浜たそがれ感が付加されたようである。そしてオール巨人の歌唱力がこれまた凄い。


悲しい色やね / 氷川きよし&グッチ裕三

意外にも氷川きよしに演歌感は無くストレートに歌い上げてる。

https://www.youtube.com/watch?v=Yq2ityovLC8
悲しい色やね / 森進一

森進一バージョン、完全に成立していて凄い。冬のリヴィエラ感である。いや、襟裳岬か。大阪よりもっと寒い地域の海を見てる気がする。流氷とか。


悲しい色やね / 神野美伽&中村美律子

必聴なのは2コーラス目の中村美律子。ゾクゾクするくらいの何かがある。中村美律子が中村美律子であることを一切曲げず、上田正樹の世界に殴り込んでる。圧倒的。


悲しい色やね / 木村拓哉&明石家さんま

ほとんどキムタクが1人で歌ってる。歌はともかく、ギターが怪しい。そんなコードじゃないだろう…
明石家さんまに歌って欲しいなぁ。アミダババアの唄みたいな感じで超ブルージーになりそうなのだが。


今週土曜日は、大阪・MILULALI「Haloween Night 2016」にてBUBBLE-B feat. Enjo-Gライブ!

161029key

MILULARI
Halloween Night 2016
-MILK BACK DROP Vol.PROTO-

ハロウィンの季節、久々の大阪でのBUBBLE-B feat. Enjo-Gライブ出演があります!!

仮装して集合しよう!!!

詳細&前売り割引はこちら!!


今週金曜日は、滋賀・大津CLUB MOVEにて「間違いだらけの金曜日」!!

CvAWwI7UIAA-XQ-

今週金曜日の晩は、間違いだらけの金曜日!!
お仕事終わりの紳士淑女の皆様、お待ちしております!!

——–
2016.10.28 (Fri.) at CLUB MOVE (Shiga)
OPEN 22:00 CLOSE 5:00
DOOR : 2,500yen (Drink別) / ADV : 2,000yen (Drink別)

フライヤー持参、Twipla参加表明で500円OFFです。

GUEST DJs:
Richiter(LORB/DUGEM DI BARAT)
KAZ a.k.a.HIGE
田辺ユウキ
あおいゆめ(スワロウテイル/さぶらぶ!)
飴ちゃん
DJ873(a.k.a. 柳瀬蓉)

MACHIGAI DJs
BUBBLE-B/SUMASHIGAO /ZAC /TNTK

間違い続けてもう10月!間違いだらけの金曜日も5回目!
今回は間違わないぞ!そう、今回はハロウィンパーティー!!
今回のゲストはe-radioの「Saturday Night Culture Club」でパーソナリティを務め、また映画評論家でもある田辺ユウキ!ファミコン担いで日本中駆け回る「chiptune界の妖精」KAZ.a.k.a.HIGE!京都のファンコットDJ、そしてインドネシア料理好きのRichiter!HipHop界隈DJだったのに気がつけばサブカルDJになってた変わり者の飴ちゃん!そして、同じMOVEで開催されているさぶらぶ!のレギュラーであるあおいゆめ!
さらにさらに京都のアイドルで11月27日に滋賀U☆STONEでのワンマンが決定しているDJ873(a.k.a.柳瀬蓉)がMOVEに初登場!
色んなジャンルのパリピなDJが大集結なまち金的な最高なハロウィンパーティー!!
今回も間違い満載で朝まで騒ごう!


「ひとつのパーティが終わるとき」

怒濤の週末。土曜日に重なった二カ所でのライブ出演。しかも二つのイベントとも「最終回」だという運命のいたずら。

まずは宮城県気仙沼での「横丁ライジングX」。
震災の年の11月にオープンした復興屋台村 気仙沼横丁は、津波などでお店が無くなった飲食店が仮設のプレハブ横丁に再び集結し、復興のシンボルともいえる場所。

縁あって、気仙沼横丁1周年に合わせて開催させてもらったのが「横丁ライジング」の1回目。それから年2回ペースで開催し、天気は毎回スコーンと晴れて、いよいよ迎えた10回目!

かさ上げ工事のために来年3月で閉村となるので、この気仙沼横丁で開催する横丁ライジングは今回が最終回。万難を排して出演しなければならない。だが…! 同日に先に出演が決まっていた名古屋でのReDZoNeもあり、今回は無念のイベント途中抜け、そしてタイトな移動は必至。

なので前日入りし、雄志さんと気仙沼のおいしい物を満腹で動けなくなるまで食べ続けたりしておりました。
早い時間にセッティングしてもらった自分たちのライブも終え、その後のイベントの様子は各々の感想などを読んだりするだけですが、すげー盛り上がったようだし、産休を終えて2年ぶりの復活となったsyocoちゃんの名曲「想い」で泣く人続出とのことで、わぁぁぁ、という気持ちになったりしておりました。

色んな人の色んな想いのある場所で、色んな人と出会えたパーティの最終回。フライヤの裏面に書かれた「”復興支援は二次的結果”とし、「楽しむ」を目的に…」というコンセプト、グッと来るなぁ。

この場所での横丁ライジングは終わっても、来年から、また気仙沼で新しいことをやりたいとみんな思っているので、今回は「卒業式」。
思い出だらけのエモいパーティとなったなー。

14589748_10154688082538856_5092721654669320570_o

Enjo-Gさんを置き去りにして、ひとり名古屋に移動。15:30に気仙沼発仙台行きのバスに乗るが、渋滞に巻き込まれたりETCが故障して料金所で立ち往生したりして定刻より大幅に遅れ、所要時間3時間半。MajiでHikoukiに乗り遅れる5分前、みたいな。

無事に飛行機(プロペラ機)に間に合ってセントレアに到着し、停めた車(機材が多いので車じゃないと厳しいので)で高速を飛ばし、名古屋ナンバーのギラギラのクラウンに煽られて名古屋を感じたりしつつ、22:30にReDZoNeの会場であるSTREETに到着。

前打ち上げもリハーサルも参加できず、イベント途中での会場入りとなりました。

このイベントは10年目の今回でキッチリ最終回なのだという。
毎回、ただの倉庫のようなSTREETという場所で、クルーは前日入りをして手の込んだ設営を行い、もの凄い雰囲気を作り上げる。イベント翌日は1日かけて原状復帰させるという、パーティにかける熱量が半端ないイベント。

最終回の今回は特に気合いが入っており、入り口の出演者一覧が入った幕や、ラウンジに設置された提灯や鳥居(!)、そして相変わらずのフロアのブース設置と映像関係。何よりも凄いのはゲスト出演者。これでもかというくらい北海道から沖縄まで、いったいどのくらいの交通費がかかっているのかと心配になるほど、間違いなく伝説になるであろうゲスト出演陣。「最後だから出て欲しい人にオファーした」とのことで、そんな中に我々を入れていただいて、感謝しかない。

明け方、最後の曲がプレイされた後、スクリーンにはこれまでにReDZoNeに出演したアーティストらの名前が長々と流され、クルーからは想いが語られ、しばしの歓談タイムとなった。誰もその場から立ち去ろうとせず、「名古屋の、この場所で10年間やりきった」何とも言えない空気が流れ、何人も泣く人がいて、本当にハードコアテクノを愛している人だけの連帯感があった。
エモすぎる最終回である。

14708047_603105396536518_4969476511493492348_o

どんなパーティでもいつか終わる。
物として残るCDなどと違い、パーティが残すのは記憶だけ。現場に行った人だけが体験・目撃でき、仲間を作れるものなのだなと、二つのパーティの最終回を同日に経験して改めて思った。

しかし最終回同士の同日ハシゴなんてこの先もそうそう無いだろうなぁ。ダブルブッキングといえば和泉元彌だが、節子ママも驚きのダブルブッキングである。和泉元彌は新宿コマ劇と岐阜県のダブルブッキングだったが、俺は宮城県気仙沼と名古屋のダブルブッキングなので、距離では俺の方が勝ってる。名古屋STREETの上空で「ダブルブッキングでも遅刻でもござらん!ずっとここで待っておったのじゃ!」と叫び、空中バボBチョップをお見舞いしたような土曜日でした。(変なオチ)


今週土曜日は、気仙沼にて「横丁ライジングX」!!

14232544_1014341045331453_1446865916648868690_n

復興屋台村 気仙沼横丁にて開催している「横丁ライジング」もいよいよ10回目! そして来年3月でクローズとなる気仙沼横丁を前にして、今回が気仙沼横丁で開催する横丁ライジングは最終回となります!

秋、秋刀魚が最も美味しい季節、是非とも気仙沼にお越し下さい!

なお、東京・木場からの横丁ライジング専用バスツアー(気仙沼まで往復17,000円 これ、激安です)は、まだギリギリ間に合います!!
バスツアーに応募したい方はこちらまでご連絡ください!!早く!!

—————

2012年11月23日に『復興屋台村 気仙沼横丁』1周年祭として開催された横丁ライジング。

”復興支援は二次的結果”とし、「楽しむ」を目的に初回は東京から7組の出演者が集った。

ついに2017年3月で閉村が決定した『復興屋台村 気仙沼横丁』。
共に歩んだ4年の日々。
この秋、横丁ライジングは気仙沼横丁を卒業する。
新たな入学に向け…

【横丁ライジングX 卒業式】
10月15日(土)
14:00〜19:00

出演者
SCK GIRLS
フレイディ・マーキュリー
BUBBLE-B feat. Enjo-G
気仙沼高校ダンス部
気仙沼高校ダンス部卒業組(仮)
DRD+躍力
せきあっし
トーニャハーディング
syoco
L.E.D.
吉田純也
きりぎりす
Torch
noyu+marina+miki+nana
ゴスCK GIRLS
NANA&MISAKI
DJ Shigen
ゴリラといっちー(仮)
総合MC スクール・オブ・ジャッキー

【各社協賛】
気仙沼ダンススタジオ
株式会社大信
一般社団法人復興支援機構
株式会社紅彦
有限会社明正商事
富谷電力株式会社


「営業の車は、なぜ高速道路でブッ飛ばすのか」

高速道路を走ってると、白いプロボックスやADバンに追い越し車線をブチ抜かれることが、よくある。
それも、かなりの速度域でだ。

なぜだか知らないが、会社にある「営業の車」を運転すると、猛烈な速度を出す社員がいるみたい。

「こんな早く仕事をこなしました!」と上司に報告するために、法定速度を大幅に超えてぶっ飛ばすのか。
ストレスだらけの職場の中で、少しでもスリルやスピード感といったものをゲーム感覚で感じたいのか。
横に乗せている新人社員に対して「俺はこんなにスピードを出す度胸があるんだぞ」と思わせ、先輩として尊敬されたいのか。

どうかは知らないが、とにかくプロボックスADバンは、高速道路でアホみたいに飛ばす。

しかし、「車の性能」という観点からこれらの車を見た場合、決してスポーツ性能が高いわけではない。むしろ、低い。

まず、タイヤが細い。しかも安くて長持ちする純正タイヤを履かせてある。普通に走るなら問題無いが、高速コーナリングでのグリップ、または雨天時のグリップは明らかに弱い。

次にブレーキ。速く走るスポーツカーのような車は、とにかくブレーキシステムがしっかり作ってある。ポルシェのブレーキディスクの大きさは、スピードが出ることに対して安全に止まれることに十分な性能があることを物語っている。
しかし、プロボックスやADバンのブレーキは前輪は普通の小さなディスクで、後輪はドラム。普通に走るなら問題無いが、スポーツ走行には向いていないので無理に止まることは難しい

全体的にギア比も低めなので、町中でストップ&ゴーで走るにはそこそこキビキビ走るが、100キロを超えたらエンジンの回転は異様に上がり、燃費は極悪になる。

それでも高速道路でぶっ飛ばすモーレツ系営業社員は絶対減らないだろうと思われる。
燃費が極悪でもガソリン代は会社の経費だし。

近年、プロボックスは営業の「現場の声」を取り入れて、車の中でも快適に「仕事」ができるように改良されたが、こういった高速道路でやたらぶっ飛ばすモーレツ営業社員の声みたいなのは全く反映されていない。

せめてタイヤとブレーキくらいはもう少しマシな仕様にしないと、モーレツ営業社員が無茶して死んじゃう!
YOSHIKIが死んじゃう!


「イベントのフライヤのデザインについて」

これまで何枚も、イベントのフライヤを作ってきた。

当方、平面のデザインセンスゼロである。
色彩感覚も悪ければ、配置感覚も悪いし、フォントチョイスも雑、そもそも絵が描けないし、なんならイラレで曲線すらマトモに引けない…そんな絶望しかない状況で、「あと1ヶ月後に迫ってるからとりあえずフライヤを作らねば」みたいな状況になり、何枚も作ってきたわけですけど。

これまで見事に1枚たりとも「格好いいな、俺センスあるな」と感じるものは無くて(泣)
才能が無いとはこういうことだと、毎回思い込まされる。

格好良くないのは仕方が無いけど、フライヤというのは宣伝のチラシだから、手に取る人に必要な情報が伝わるかどうか?が重要である。

Twitterで、Facebookで、はたまたクラブやライブハウスやレコ屋で、何気なく手にしたフライヤ。
「おっ、いいな、気になる!」と思える物と、「何だこれ、読む気しねー」と思う物と、「格好いいけどデザインされすぎてわけわかんねー」と思う物とで、まさに玉石混合。
目指すは「おっ、いいな! どれどれ、気になるからどんなイベントなのか教えてくれよ」と、手に取った人に思わせることである。

それって、どんなの?ってことになる。

スゴイ人がいっぱい出て、遠方からの豪華ゲストも来ちゃうし、とにかく盛り上がるんだよ~!楽しいよ~!だから来るといいよ!というのを、どうやって伝えるか、だ。

ここで、デザインセンスの無い俺みたいな愚か者は、全て文字で書こうとする

  • 伝えたいことを全部伝えないと勿体ない。
    出演者からもらったプロフ文はスゴイし面白いから、全部掲載したい。
    手に取る人が読んで、内容を気にしてもらえるには、情報量は多い方が良いのではないか。
  • これらの迷いが文字となり、5ポイントくらいの細かい文字を敷き詰める。

    その結果、やたら文字だらけのフライヤが完成する。フォントは全部、小塚かヒラギノだ。

    上で書いたとおり、「文字の配置に関するセンス」「フォントチョイスのセンス」が無いので、表面のデザインは箇条書きみたいな平凡な文字配置となる。これはWordで作ったのかよと疑うほどだ。
    そして裏面はプロフなどの長文テキスト(誰々と共演したとか、どこどこでリリースしたとか、今最も注目されてる何々の一人とか)がやたら細かく敷き詰められていて、読みにくいものとなる。

    そんなことをもう20年近く繰り返してきている。全く進歩していない。

    そして、改めてデザイナーさんが作ったシュッとしたフライヤを見ると、あまりの出来の違いに感動する。
    色、配置、線、フォント、フォト、アクセント… 全てが一体感があって、迫力に満ちている。
    「このパーティは絶対楽しそうだ」
    と感じさせるだけの迫力があり、デザインからそのイベントのジャンルが持ってるグルーヴ感があふれ出している。

    そこには、上で書いた「全てを文字で説明しなきゃ勿体ない、いっぱい書いたらそこに興味を持つ人も増える」みたいな迷いは無い。
    なぜだ。なぜこうも全てが違うのだ。

    イベントフライヤについて、どう作ればグッとくるのだろうか、誰か教えて欲しい。もう手遅れだろうけど。


    ラジオを留守録する快適環境は、RadikoolとスティックPCの組み合わせが最強?

    312QitTAdnL

    TBSのポッドキャストサービスが終わって、ガックリ来ている人も多いのではないでしょうか。
    知らない間に番組が配信されていくポッドキャストという仕組みは本当に素晴らしいものでした。
    新たにTBSラジオクラウドというのが始まりましたが、代わりにはならない部分もあり…

    これからは全部生で聞く!!

    というのが理想ではありますが、なかなかそうはいかないもの。

    そこで…

    Radikool + スティックPC

    という組み合わせをオススメ致します。

    Radikoolというのは、Radikoからラジオ番組をタイマー録音するアプリ。
    Radikoolオフィシャルサイト

    top

    こんな具合に、番組表からラジオ番組をタイマー録音できます。

    録音し終わった音声は、自動的にiTunesに登録することも化。ここではDropboxにでも保存しましょう。

    しかし、本格的に留守録をしようと思うと、PCをサーバのように24時間稼働させる必要があります。

    そんな時に役立つのがこういうの

    Diginnos Stick DG-STK2F
    Windows10内蔵スティックPC

    Intel Compute Stick
    Windows10内蔵スティックPC

    Lenovo ideacentre Stick30
    Windows8.1内蔵スティックPC

    こういう超小型PCはUSB給電で動くので、常に動かしておくのです。
    HDMI端子をモニタやテレビに繋げれば、デスクトップが映ります。

    一度セッティングが済んだら、TeamViewerなどのリモートデスクトップ環境で使えるようにしておくと便利でしょう。

    Wifiセッティングなどが終われば、PCに先ほどのRadikoolをインストールして、録音したい番組をセット。
    録音したファイルの保存先を、Dropboxで共有するフォルダにしておけば、自動的に録音したMP3ファイルが保存されますよ!
    Dropboxに入れておけば、出先の時でもスマホのDropboxアプリからも参照できるわけです。

    スティックPCはまだ動作が不安定なものもあるので、毎日同じ時間に自動的に再起動するような設定にしておくのも良いでしょう。
    タスクスケジューラーに登録しておくだけです。

    ポッドキャストと違って、音楽もCMも全部入るので、ラジオの情報量が失われることはありません。

    というわけでオススメであります!


    本日、タマフル出演 麻婆豆腐特集!

    mainimg_utamaru

    さて本日TBSラジオ ライムスター宇多丸のウイークエンドシャッフル通称タマフルに出演します!

    サタデーナイトラボのコーナーで麻婆豆腐特集「麻婆道」ということで、全マ連の主催(注:一人)として麻婆豆腐のある暮らしについて話したいと思います。

    a1

    もちろん赤坂TBSラジオのスタジオから生放送です!

    関西など、タマフルがネットしていない地域の人は、RadikoプレミアムとかTBS RADIO CLOUDなどで聞いて下さい!


  • メールマガジン

  • リリース中タイトル一覧 (CD・配信)

    [NEW]カラテクノ BEST


    [配信]SPEEDKING Vol.1


    [配信]SPEEDKING Vol.2


    [配信]SPEEDKING Vol.3


    [配信]SPEEDKING Vol.4


    [配信]SPEEDKING Vol.5


    [配信]SPEEDKING 8bit RAVE


    BUBBLE-B feat. Enjo-G フルアルバム


    あじわい回転寿司 禅トリビュート第3弾
    Sushi Disco


    気仙沼横丁トリビュート
    横丁ライジング



  • 著作

    HonH1_w_obi

    BUBBLE-B著本店めぐり本
    好評発売中!

  • ソーシャルリンク

    Facebook BUBBLE-B feat. Enjo-G page
    YouTube BUBBLE-B channel
    SPEEDKING PRODUCTIONS and TOY LABEL amazon store
    BUBBLE-B feat. Enjo-G on iTunes Music Store
    BUBBLE-B soundcloud
    SPEEDKING PRODUCTIONSブログ
    チェーン店1号店探訪ブログ 本店の旅
    クルマポッドキャスト BUBBLE-B・ポリゴン太のDriving Pleasure
    麻婆豆腐食べ歩きブログ 全マ連
  • ポッドキャスト

    下のバナーをiTunesにドロップするとポッドキャスト登録が出来ます!


  • カレンダー

    2016年12月
    « 11月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Copyright © 1996-2010 BUBBLE-B NEWS. All rights reserved.
    iDream theme by Templates Next | Powered by WordPress