京都、七条烏丸界隈で好きな店とか

【京都のオススメ店の一気書き長文】
さてここで、京都で好きだった店を振り返り!
七条通り界隈が中心で、あとは木屋町など他の場所もいくつか。

串カツ
■はなまる串カツ製作所
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26018242/
カウンターと2人用のテーブルがいくつかという狭い店。
串カツが全品80円でクオリティも高い、ネタも大きい、素晴らしい串カツ。大阪の新世界で食べるよりも良いのではないかと思ってしまう。
高さが違う椅子が混在してるテーブルがあるのが玉に瑕。目線が…

たこ焼き・お好み焼き
■七ちゃん
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26023131/
京阪七条駅のそばにある、たこ焼きと燻製の居酒屋。カウンターと、4人がけのテーブルが2つくらい。
掘っ立て小屋みたいな雰囲気が良くて、たこ焼きも燻製もめっちゃ美味しい。

■山本まんぼ
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26000868/
たかばしの横、第一旭の向かい側にある市営住宅の1階というなかなかディープな所にあるディープなお店。まんぼ焼きという、モダン焼きのようなスタイルの鉄板焼きの専門店。これがハマると美味いわけです。空手の先輩が働いてらっしゃいました。あと店長のアキラさんがいちひめに飲みに来ることも。

■ちゃばな
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26010282/
はなまる串カツの左隣。行列ができるはなまるに対して、何だか対照的にいつでも入れるけど、ここ美味いです。特にオリジナルの「ホワイトお好み焼き」は絶対衝撃を受ける味。

■たこ入道 (木屋町)
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26001181/
呼び込みとかチャラ箱だらけの木屋町の中でもここだけ時間が止まってる感じ。粛々と明石焼きを作ってくれて、それが妙に美味い。居酒屋ハシゴ時には最後の方に組み入れる店。

バル
■炭火とワイン
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26028219/
ワインの種類が多くて、リーズナブルな飲み放題がある。
サラダは食べ放題で、そのドレッシングが超絶美味。

■じじばば
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26004778/
リド飲食街の中にあるバル。リドなのでカウンターのみは当たり前かつ激せま空間。
そこには神亀純米活性にごり酒スパークリングがあると思えば、自家製ラー油の麻婆豆腐がまた激うま。最近マスターが変わり、若干味に変化が。

■バルワラク
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26023097/
すき家の上。こんな場所にこんな硬派なバルがあったのか、と思うかも。
肉料理の美味さというか、味付けがたまらない感じ。

■I・M・O
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26023602/
住んでたマンションの向かい。引っ越してきた頃にこの店がオープンして、料理が250円のと500円の2種類という爆弾価格、しかもどれも美味くて結構通ったのだけど、3回くらいオーナーが変わって、その度にレシピがどんどん変わって分からなくなり、しまいにはいつオープンしていつ閉まってるか分からなくなり、カウンターには何故かジャマイカの国旗が大きく飾られてて、もはや謎。でも飲み放題は結構お世話になりました。

炉端焼き・すき焼き
■北斗
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26027954/
ちょっと高級そうでおしゃれ感ある入り口にビビってはならない。
ここですき焼きのコース、4000円くらいを頼むと、かなり極楽。
こんなレベルの高いすき焼き、食べたこと無い、と思える。

居酒屋
■ニューエビスノ
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26002188/
特に特別美味しいわけでも安いわけでもない(ちょい美味しい・ちょい安い)んだけど、とにかく入りやすい。ここなら浸れるって感じのヴァイブス。
特に奥にには個室の広めの座敷があって、ここは静かに寛げる。

■きさいち
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26008978/
カウンターのみで、大将に変なクセがあって面白い。
ここは魚が新鮮で刺身のボリュームもあり、素晴らしいと思う。

■ほらほら
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26024104/
たかばしの、第一旭の左隣にあるお店。
魚の仕入れルートが独自で、他のお店とはちょっと違うこだわりがビシビシ!

■秀屋食堂
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26025912/
まさに隠れ家的な居酒屋。少人数で静かに日本酒を飲みたい時には最高。

立ち飲み
■いなせや
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26026420/
ここは2016年くらいに出来た店だけど、その激リーズナブルな価格と、しっかりした飲み物・食べ物に大衝撃を受け、さらに家から徒歩2分の所にあるとか、「これから俺の人生はこの店に支配されるのだな」と思わされたほど、京都生活最大のエポックメイキングな立ち飲み屋。最後まで多用していた。もう、名店。

■きゃさ (木屋町)
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26013001/
立ち飲み屋は増えましたが、おそらくここが一番狭い!10人も入ったら動けなくなるくらいの狭小空間で、知らない人とワイワイ盛りあがれる一体感が素晴らしい。何より料理の味がしっかりしててどんどん食べてしまう。雰囲気も味も最高。ただし激せま!

バー
■Standing bar 人の間
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26023162/
ここも家から徒歩1分で、引っ越してきた時くらいにオープンしたお店。ちょうど今日、一瞬だけ最後に行ってきたところ。急な階段を上がると、ぶっきらぼうなドラム缶が置かれていて、これがテーブルだというその感じ、最高な雰囲気。冬にはこたつが出る。
実は料理がしっかり美味くて最高なのは、来た人にしか分からない。こんなバー、なかなか無いよ。

■いちひめ (五條楽園)
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26011944/
食べログに喫茶店となってるけど完全な夜型バー。ネット上に全然情報が無く、壁がオレンジ色で、中から怪しい光が漏れ、常にB’zのライブ映像が流れているのでとにかく入るのに躊躇するが、いつの間にかオールナイトでDJイベントをさせてもらうまでに。「ディスコ河原町」でおなじみですね。今日も実はちょっとお邪魔していた。ああ、こんなバー、なかなか無いよ。爆音出せて、それも低音バリバリの音響あるとか、どうかしてる!

■カフェ ラ シエスタ (木屋町)
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26006793/
もう京都のクラブ音楽とゲーム連中にはおなじみ中のおなじみで説明不要でしょう。
ここに行けば常に誰かがいます。HIGEさんとかp.k.gさんとか。DJやってて京都に来たらまずここに行け、と。去年は3度もトークイベントやらせて頂きました。「この世界の片隅にある看板」「BUBBLE-B 3時間ソロトーク」「その音楽活動、会社に言えるの?」
京都でのニッチな表現活動を受け止めてくれる希有なお店!カクテルもカレーもめちゃウマです。

■Bar fish (木屋町)
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26014867/
D侯爵氏に連れて行かれたのがここ、店内の水槽で魚が泳ぎまくる、まさにfishなバー。とはいえオーセンティックなバーなので、オトナの雰囲気がしっかり楽しめる。ずっと魚を見てしまう。

■キャラメルママ (木屋町)
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26001578/
ユーミンの曲しか流れないという異色のバー。ユーミンファンが全国から集まる。
開店以来、ユーミンの曲しかかけたことがないという。
カクテルもユーミンの曲名を付けたオリジナルのものが数多く用意されている。
ユーミンがツアーで京都に来たとき、正隆さんとここに寄ることも何度もあるという。
ユーミン好きなので何時間もいてしまう。

カレー
■asipai
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26027346/
七条河原町の交差点の角の奥にある、隠れ家みたいなカレー屋さん。鳥取にあったお店の突然の京都2号店。ここのオーガニックな感じのカレーがとにかく優しい味で素晴らしい。ここも家から徒歩2分くらい。

タイ・ラオス料理
■キンカーオ
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260304/26003047/
七条大橋たもとにあるお店。窓が広くて、抜群の鴨川ビュー。
そんな景色も良いが、とにかく本格的なタイ料理・ラオス料理が出てくる。トムヤンクンとか、ここは本当に京都?というほど美味い。なんてったってタイの料理人が本場の味をそのまま作ってるんだから凄い。

ヴィーガン料理
■Veg Out
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260304/26026227/
ヴィーガン(野菜と穀物のみ)料理の専門店。飲むという感じではないけど、ヴィーガン縛りでのおばんざいなどがかなり美味でステキ!

焼肉・ホルモン
■アジェ 松原本店 (五条松原)
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26000080/
京都でホルモンといえばここというくらいの有名店。
名物の「ほそ」を関西風のだしに漬けて食べる、これだけで1万点!
ただし予約は開店時間からのみ。平日は6時、土日は4時、だったかな。人気なので混む店。

■やまだるま
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260202/26004367/
七条大橋、キンカーオの近くにある焼肉屋で、A4・A5の和牛が食べたくなったらここ!
ここのテールスープが最高に美味いと思う。
ちなみに藤井隆さんのサインが飾ってあるけど、これは藤井隆さんがメトロに出演した日、ミッツィーさんから「美味しい焼肉屋ある?」と電話が掛かってきて、僕がこのお店を伝えたのがその切っ掛け。

中華
■駱駝 (北白川)
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26001104/
もう、京都の四川料理と言えばここでしょ。物凄いです。
こんなインパクトのある麻婆豆腐、他になかなか無い。しっかり辛いけど、食べた後の感じがふわーっと柔らか。名店。

■餃子の王将 宝ヶ池店 (国際会館)
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26003747/
マイベストオブ王将はダントツでここ。アホみたいにオリジナルメニューが多くてビビるが、やはり餃子の味、これが他の王将とは違う。ちょっとスパイシーで、宇都宮のまさしを連想させる。王将はいっぱいあるけど、ちょっと遠くてもわざわざここに行きたい。
他のメニューも順当にレベル高い。

うどん
■本格手打うどん 大河 (藤森)
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260601/26020260/
讃岐をベースにするうどん屋ってあまり京都では行けなかった中で、ここ、好きでした。トッピングが創作感あって、これとこれを組み合わせてドーンみたいな感じで、生麺の上にワイルドに乗っているスタイル。うどんのモチモチ感と、揚げ物のサクサク感、この組み合わせが好きであります。

そば
■だる満 (岡崎)
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26004387/
ここはもう、テクノ好き・シトロエン好きには説明不要、オキヒデさんによるそば・おばんざいのお店であります。昼しかやっていないのでサラリーマンには土日しか行けない。そばもおばんざいも、京都の上質と粋を感じられるというか、優しくオーガニックな感じの味でたまらんです。

回転寿司
■大起水産 京都タワーサンド店
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260101/26028875/
この4年間の大きなトピックとしては、京都タワーサンドのオープン。これはかなり革命的な出来事(大げさ)。特に、七条界隈には回転寿司屋が無かったので、大阪のチェーン店である大起水産の出店は待ちに待ったもの。そしてここ、ネタも大きく新鮮で、回転寿司としてはずーっと平均以上を常にキープし続けるステキなお店であります。推しはマグロ。

沖縄料理
■Pepper (木屋町)
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26005274/
木屋町は沖縄料理屋が3件連なっている(赤ひげ、ハイビスカス食堂、Pepper)が、その中ではここが一番美味しいと思う。何を食べてもまさに沖縄の味で、しっかり旨みが感じられる料理が最高!お店は狭め。

焼鳥
■秋吉 (木屋町)
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26005189/
福井に本店のある焼鳥チェーン店。京都にもあるんです。福井の本店みたいに「社長!」って言ってくれない気がするけど、推しの純けいはちゃんと美味いです。
七条界隈にも焼鳥店はいくつもあるけど、あまりコレって店に行けてないな。

まだ書き切れないけどこの辺で…

審査員しました

先週日曜日は、ミュージック空手のイベント「ミュージック&パフォーマンス in セントレア」で、去年に続いて審査員としての出席のため、愛知のセントレア空港内にあるセントレアホールに行ってました。
ミュージック空手とは、愛知県安城市にある空手組織の闘真会館が創出し、空手の演武とダンスを高度にミックスさせた新しいエンターテイメント。

去年もここで開催されたわけですが、第2回目となる今年は各所が大幅にパワーアップ。去年は地味だった音と光の演出面も、今年はしっかりPAシステムと照明もインストールされ、音圧も照明もガッツリに。
席は満席となり、満員御礼状態。ファー!

そして今回から、名古屋で活動するアイドル「ナト★カン」「究極人形 アルテマドール」のゲスト出演、プロダンサー「HAYATO」氏や、地元のダンスチーム6組の出演もあり、一気に華が増えて濃厚なステージになってました。誰に推薦しても楽しめる内容だと思います。

踊りを専門とするダンサーやアイドルとミュージック空手が並んだ時、観客の目にはどう映るのか?というのが一番興味あったのですが、全然イケていて大変感動しました。
いや~元は空手で、ここまで独自のものとして練り上げてエンターテイメントに仕立てあげて、脱帽です。
間違いなく日本よりも先に世界で評価されるタイプのエンターテイメントだと思います。
日本は何しとんじゃ!と思いつつ、アイドルという切り口としても全く新しいため、これからも新曲を作って盛り上げたいと思います。

打ち上げではマイケル富岡様や笹川総研の代表様といった高貴な方々に、自分のようなサブカル者も混ぜて頂き、最後まで大変盛り上がっておりました。

あと今回、ダンスで出演していたCANTIKというチームのダンスが、DiamRekkをほうふつとさせるキレッキレのロックダンスで、気仙沼での横丁ライジングを妙に思い出しました。もう映像上がってる。

ミュージック空手、横丁ライジングで見たい! 復活せねば!

さて写真。私はどこでしょうか?

ヤンキー vs ニコタマダム

Instagramとかブログでマダムたちが日々の丁寧で上質な暮らしっぷりをキラキラな写真でUPすることと、ヤンキーが金色の文字がガーっと入ったスウェットを着てオラつくことは、やってる事は実は同じなのではないかと思う。

日々の丁寧で上質な暮らしアピールというのは、言い換えれば可処分所得に余裕があり、その余った部分をいかに生活向上に向けているかということだが、これも言ってみれば競争社会。どれだけ余裕があるか、どれだけ上質な暮らしをしているか、というアピールをすることで、ご近所やネット知り合いの中でのステージが決まるわけです。たぶん。
二子玉川とか白金台みたいな○○ネーゼ、○○マダムが大量発生している街では日々、そういったシバき合いが行われているに違いない。夫の年収は3000万?うち4000万よ?あなたタワマンの36階?うち43階よ、あそこアウディらしいけどうちはマセラティ、みたいな。ナメられないための競争ですね、これは。

それに対してヤンキーのオラオラもナメられないための競争だ。
ヤンキーがのさばる地域は得てしてビンボーであり、二子玉川高島屋の上質カルチャーみたいな物は1ミリも存在しない、メンチ切ったらパイプで殴り合い・角材で殺し合いの世界なわけですが、そんな中でナメられないようにするにはひたすら相手を脅してオラオラすることが有効なので、脅しのある服を着て、脅しのある車に乗るのだ。これも競争社会。お前シンナー吸ってっか?俺トルエン吸ってっぞ?シャブはキマるからやってみっぞ?みたいな。知らんけど。競争なわけです。

マダム達がInstagramやブログで上質を競うのも、ヤンキーがオラオラ服でオラつくことも、自分の立ち位置の確認であり、マウンティングであります。そういう意味では、両者似たようなもの。
こういうのは、どこにでもあるなと。例えば広告代理店な営業系とかの人が、より良いスーツを着るとか、よりハイブランドの腕時計をするとか、高いアウディに乗るいったことも、競争の渦中に身を置いてるからであって、無人島に一人で住んでたらハイブランドの腕時計もアウディも何の意味も無いわけです。

競争がある方が人間磨かれるという一面もあるが、どこで競争するかが重要なのかなと。

10月28日(土) 「MILULARI Halloween Night 2017-MILK BACK DROP Halloween Special-」at 大阪・難波MILULARI

10月28日(土)は、大阪・難波MILULARIにて「MILULARI Halloween Night 2017-MILK BACK DROP Halloween Special-」に、BUBBLE-B feat. Enjo-Gのライブ出演があります!

女性でコスプレ+ツイプラ参加表明でなんと無料!(1DRINK代も不要) とのことで、ハロウィーンだし、来てみれば~??

公式サイトはこちら!!

10月7日(土) 「COMFORT」at 高知ONZO


旅をするようにパーティをして、パーティをするように旅をする。
自腹移動型・モバイルパーティクルー「COMFORT」の第1弾パーティが、10月7日土曜日の高知 ONZOにて開催されます!

今回何と、青島ビール様の協賛がありまして、予約メールをくれた方に青島ビールの瓶を1本プレゼント!
これは見逃してはならない!!
marbleboxkochi@gmail.com

「COMFORT」

at 高知 ONZO
2017.10.07 (Sat) 23:00~

DOOR ¥1,000-
ADV ¥1,000- with 青島ビール

■GUEST LIVE:
tanaka scat

■COMFORT DJs:
BUBBLE-B
シコルスキー
sammy

■KOCHI ACTs:
欲望の不沈艦 Mr.X
Steve&Jobs
ファット&スリム
マクド&ナルド
キタサカバ

■協賛
池光エンタープライズ (青島ビール輸入元)

■ADVお問い合わせ
marbleboxkochi@gmail.com

自腹GROOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOVE!!!!!
そう、旅を楽しむ、パーティを楽しむ、自ら積極的に動く移動型自腹パーティクルー『COMFORT』による初ツアー!!!!!
今回は戻り鰹のシーズンに合わせ京都から「BUBBLE-B」、沖縄より「シコルスキー」、東京から「sammy」のCOMFORTクルー!!!!! ゲストに金沢のハウスマエストロ「tanaca scat」をお迎えし旅感とパーティ感!!!
迎える高知からは謎の怪人、この夜しか見られない「欲望の不沈艦 Mr.X」!!!!! ご存じお馴染み最高な「Steve&Jobs」「マクド&ナルド」「ファット&スリム」の激アツパーティB2Bユニット!!!!! そして自腹グルーヴ21年目の「DJ KITA」と高知のみんなのカバ野郎「かばお」の即席ヒューマニズムB2Bユニット「キタサカバ」いうどの面々もナイスな予感しかしない内容でお送りする夜!!!!!!!!!!!
そして今回は中国の超定番ビール『青島ビール』様による協賛!!!!! なんとADV予約で先着70名に青島の瓶ビール1本プレゼント!!!!!!!!!!! 今すぐADV問い合わせにメールを!!!!!!!!!!

前売りのお問合せ先:marbleboxkochi@gmail.com

8回目の利尻島


もう、何回行ってんの?ってくらい、好きなところ。利尻島。
北海道の北の果てにある、利尻山がそびえる島。
今年6月に行ったばかりなのに、9月にも。


ひたすら青色と緑色。シャープな稜線、澄んだ空気、昆布の香り。
16年前、初めて来た時の感動は、今も同じ。

それ以来、ちょっとしんどい時も、ここに来ると猛烈に癒やされた。


物凄い速さで天気が変わる。
太古の火山活動のエネルギーが息づく。
果てしなく澄んだ海。
ハイパーな自然環境。
色んな条件が奇跡のように重なった場所。


なぜこんなに魅せられるのだろう?
とにかく、いつでも、どの角度からでも、格好良すぎる利尻山。


早朝の静まりかえった姫沼の静寂と、朝焼けに染まる利尻山。


鴛泊港から稚内に向けて出港するハートランドフェリーの第1便が、とても絵になる。


港からふと海を見ると、ウニがゴロゴロ。
ああ、利尻だなぁと思わせる。ただし、取っちゃダメ!


とにかく海が澄んでる。


夜になると降ってきそうな星空。


味楽の焼き醤油ラーメンも最高です。


今回も癒やされました。

去年オープンした「うみねこゲストハウス」、素晴らしい居心地の楽しい場所。大人のミルピス。
今年オープンした「BAR DE CERO」楽しいバー。まさかの利尻でのナイトライフ。新しい出会いがどんどん出来てとても幸せ。
まさかの本格中華「笑う門」。全マ連としてもイチオシしたい陳麻婆豆腐。
居心地の良すぎる「Cafe りしりに恋して」。
成分が濃厚な「利尻ふれあい温泉」。サワサキさんに羨ましがられるレベル。
去年雨が降ってずぶ濡れになって、ポンチョとタオルをくれた、オタトマリ沼レストハウスの「わかさんの店」。覚えていてくれた。
カレーが美味すぎる「グランスポット」。でもいつ行っても閉まってて難易度高い。
利尻町プロデュースの「リーシリーボーイズ」。

楽しすぎます。
来年、何かをやろうと企んでます。

新パーティ始動!自腹移動型モバイルパーティークルー「COMFORT」 第1弾 高知!

自腹移動型モバイルパーティークルー「COMFORT」
第1弾ツアーは戻り鰹に合わせての高知開催!!
詳細発表です!!!

今回なんと、青島ビール🍺様のご協賛がありまして、ADV入場の方先着70名様に青島ビール(瓶)プレゼント!!!

「COMFORT」

at 高知 ONZO
2017.10.07 (Sat) 23:00~

DOOR ¥1,000-
ADV ¥1,000- with 青島ビール

■GUEST LIVE:
tanaka scat

■COMFORT DJs:
BUBBLE-B
シコルスキー
sammy

■KOCHI ACTs:
欲望の不沈艦 Mr.X
Steve&Jobs
ファット&スリム
マクド&ナルド
キタサカバ

■協賛
池光エンタープライズ (青島ビール輸入元)

■ADVお問い合わせ
marbleboxkochi@gmail.com

自腹GROOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOVE!!!!!
そう、旅を楽しむ、パーティを楽しむ、自ら積極的に動く移動型自腹パーティクルー『COMFORT』による初ツアー!!!!!
今回は戻り鰹のシーズンに合わせ京都から「BUBBLE-B」、沖縄より「シコルスキー」、東京から「sammy」のCOMFORTクルー!!!!! ゲストに金沢のハウスマエストロ「tanaca scat」をお迎えし旅感とパーティ感!!!
迎える高知からは謎の怪人、この夜しか見られない「欲望の不沈艦 Mr.X」!!!!! ご存じお馴染み最高な「Steve&Jobs」「マクド&ナルド」「ファット&スリム」の激アツパーティB2Bユニット!!!!! そして自腹グルーヴ21年目の「DJ KITA」と高知のみんなのカバ野郎「かばお」の即席ヒューマニズムB2Bユニット「キタサカバ」いうどの面々もナイスな予感しかしない内容でお送りする夜!!!!!!!!!!!
そして今回は中国の超定番ビール『青島ビール』様による協賛!!!!! なんとADV予約で先着70名に青島の瓶ビール1本プレゼント!!!!!!!!!!! 今すぐADV問い合わせにメールを!!!!!!!!!!

前売りのお問合せ先:marbleboxkochi@gmail.com

REMIXベスト「リミックスやくざが君を追いかける」9/9リリース!


突然の新譜告知!!
BUBBLE-B活動17周年企画!
REMIXベスト「リミックスやくざが君を追いかける」
BandcampとiTunesで9/9緊急リリース!

古くは「BUBBLE FEVER」「ぞっこん!バーベキュー」から「バブルBのビッグ・バン」「ガモリ」「ガモリ2」「レジャーやくざは君に語りかける」、その他配信用タイトルに収録されていた様々なアーティストによるREMIXと、本作エクスクルーシブとなる「爆走ミニバン」の高野政所によるREMIXを収録した大盛りREMIXアルバム。そしてBandcamp版にはボーナストラックとして「がんばれ!!佐吉っつぁん」のドラびでおREMIXも収録した30曲超のスペクタクルクドいアルバム!

ジャケットは今回も 村上 健 (Ken Murakami)さんです!!
Bandcampのページはこちら

リミックスやくざが君を追いかける

01.爆走ミニバン ~Highway Star~ (956Remix by 高野政所)
02.爆走ミニバン ~ミッドナイト・ドライブ・バラード~ (Covered by 吉田純也)
03.Yo! Sexy Girl (Remix by 3DNow)
04.Yo! Sexy Girl (Enjo-Gのあっ!とコスメ Remix by BUBBLE-B)
05.プカプカスモーキング (Remix by 3R2)
06.Enjo-Gのシャッシャッシャッ (Remix by DJ Shimamura)
07.Enjo-Gのシャッシャッシャッ (After Death Remix by Chocoxina)
08.バリバリスナック (ナシゴレン味 FUNKOT Remix by BUBBLE-B)
09.セットでドリンクバー (Remix by グルーヴあんちゃん)
10.走りのセダン ~Driving Pleasure~ (Remix by Groovetune)
11.ぞっこん!バーベキュー (Remix by Shex)
12.34 (Remix by Asohgi)
13.Anarchy In The ODWR (探検!ぼくのハマチMix by Salchok)
14.ZANSHIRO (キイロミックス by Mad Yellow)
15.MOMOOWY (Remix by スペランカーズ)
16.ぞっこん!バーベキュー (スマイルハンターズのバーベキュー by スマイルハンターズ)
17.ぞっこん!バーベキュー (LBTのバーベキュー by LBT)
18.ぞっこん!バーベキュー (ゴリラアディクトのバーベキュー by ゴリラアディクト)
19.ぞっこん!バーベキュー (オレンジャーズのバーベキュー Golden Knighters A Go Go Mix by オレンジャーズ)
20.ぞっこん!バーベキュー (溺死博物館のバーベキュー by 溺死博物館)
21.ぞっこん!バーベキュー (Traffic932のバーベキュー by Traffic932)
22.ストップ・ザ・BBQ (Answer from レオパルドン)
23.地獄のバーベキュー (feat. 下條スープレックスホールド)
24.BUBBLE FEVER 1990 (JK Remix by とばしや)
25.BUBBLE FEVER 1990 (Ah, Oh, Oh Mix by BUBBLE-B)
26.BUBBLE FEVER ’89 (Remix by スマイルハンターズ)
27.BUBBLE FEVER 1990 (DJ Shimamura’s Masochistic Remix)
28.BUBBLE FEVER 1990 (Can’t You Fallin’ Bubble Mix feat. EPわたん Remix by 黒川電器)
29.BUBBLE FEVER 1990 (Remix by Neon Genesis Gabbangelion)
30.BUBBLE FEVER 1990 (Remix by 溺死博物館)
31.BUBBLE FEVER 1990 (Covered by みやっち)

Bandcamp bonus track: がんばれ!!佐吉っつぁん (Remix by ドラびでお)