MUSIC * FOOD * LOCAL

BUBBLE-B

離島の対馬にて、バス運転手さんに海に連れてってもらった話

先日、対馬に行った時の話。 その日は夜まで何も予定が無かったので、路線バスの1日フリーパスを買ってみた。 地元民の会話がBGMとなる路線バスは、その土地の風情を感じることができる乗り物だ。 この日は対馬の南の街である「厳原」から、北の街である「比田勝」まで縦断するように乗ってみて、めちゃくちゃ綺麗なビーチである「三宇田浜」でも見に行こうかと思った。 しかしこれが遠い。めちゃくちゃ遠い。対馬は縦に長 […]

Roland UA-M10を、2台目購入した

これまで様々なオーディオインターフェースを使ってきたけど、その中で「これは!」と思った機種は数えるほどしか無い。 ECHO Indigoと、このRoland UA-M10。 どちらもモバイル用途のもの。 Roland UA-M10は、DJ時の出音を良いものにしたいけど、重い機材は嫌だなぁと思っていた時に、たまたま買った。 出音は圧倒的にヌケが良くなり、パンチも出て、ビシっと引き締まりつつも、高域が […]

ウニが無料で、98歳のおじいさんも踊る、この世の天国のようなビアガーデンでDJをした話

旅DJ、ついに日本最北の地でグルーヴする 最高のパーティに出会ってしまいました。BUBBLE-Bです。 DJやトラックメイクが中心の音楽活動をして、旅も好きな自分なのですが、数年前からその二つを組み合わせた「音楽活動と旅の融合」に可能性を見出してます。好きな物同士を掛け算すると、パワーやオリジナリティが倍増しますよね。 旅するDJチームとして「COMFORT」というパーティをやったり、単独で日本ど […]

【離島DJ】利尻島で、利尻富士とウニと港とJ-POP DJ 「みなとビアガーデン」7月14日(日) at 利尻島鴛泊港!

「一生に一度は利尻・礼文」と謳うツアーパックがある。 それは、ほとんどの人にとって利尻島や礼文島は「一生に一度行くかどうか」という、遠くてレアな桃源郷なのだ。 嘘みたいに綺麗な景色と、嘘みたいに美味しいウニと昆布。そんな場所だ。 そんな「一生に一度」の場所に、今年もまた行く。 酔狂な僕は、次で10度目である。 利尻・礼文という場所は不思議な引力を持っていて、そこに魅せられてしまった人は半端無くリピ […]

上野動物園のモノレールに乗るなら今!

数々の動物、中には絶滅危惧種までもを飼育する上野動物園。 ここにいると1日楽しめるので最高である。 が、今、もっとも絶滅危惧種なのはモノレールだ。 西園と東園とを1分半で結ぶこのモノレールは、正式名称を東京都交通局上野懸垂線という。 昭和32年開通と日本で最も古いモノレールだ。 車両設備の老朽化を理由に、今年の11月で運休となる。 その後はどうなるか分からない。 復活もあるし、永久に運休のままもあ […]

BUBBLE-Bトーク出演 キン・シオタニpresents「描き語り38」

イラストレーターのキン・シオタニさん主催のイベント「描き語り」に、2013年以来、6年ぶりにゲスト出演させて頂きます! 最新チェーン店事情をお話出来ればと思いますので、こぞってご来場くださいませ! OPEN 12:00 / START 13:00 前売¥2,100 / 当日¥2,600(共に飲食代別) 前売はローソンチケットにて4/20(土)発売 【Lコード:34679】 【出演】キン・シオタニ […]

食べ物を美味しく食べるために大事にすべきこと

美味しい物を食べたいと思った時、どうするだろうか。 「食べログで点数の高い店に行く」 「お高い店に行く」 「やはり家族の家庭料理が一番」 「お気に入りのお店に行く」 いずれの方法でも、美味しいと感じられれば正解だと思う。 ここで少し、考えてみた。 そもそも「美味しい」とは、どういうことなのだろうか? その「美味しい」を感じるのは、舌ではなく「脳」 人間の様々な感覚は、五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、 […]

5月22日!「ガモリ3」全国流通発売開始です!

※これは、買って欲しいと思って書いてます! BUBBLE-Bの2010年からのソロワーク・プロデュースワーク・リミックスワークを一同に集めた集大成的アルバム「ガモリ3」。 いよいよ令和元年 5月22日より、全国流通にて一般発売開始です!! Amazonはもちろん楽天でも、タワーレコードからツタヤから近所のCDショップでも購入できます!! とはいえ、店頭にズラズラと面出し&試聴機で並ぶようなことはあ […]

琵琶湖に浮かぶ有人離島「沖島」へ行ってきた

日本で唯一の、湖の中に浮かぶ有人離島「沖島」。 滋賀県で育った自分だが、沖島への上陸は今回が初めてである。 近江八幡の堀切港からは、沖島が目の前に見える。 ほんのすぐ先に巨大な島があるが、ここは湖だ。 まさに琵琶湖の大きさを感じる風景である。 ここから沖島に渡るには、沖島通船という船に乗る。片道500円、所要時間はたった10分の船旅だ。 しかしこれが、2時間に1本くらいしか便が無い。 この日は運悪 […]

1 62