ヤンキー vs ニコタマダム

Instagramとかブログでマダムたちが日々の丁寧で上質な暮らしっぷりをキラキラな写真でUPすることと、ヤンキーが金色の文字がガーっと入ったスウェットを着てオラつくことは、やってる事は実は同じなのではないかと思う。

日々の丁寧で上質な暮らしアピールというのは、言い換えれば可処分所得に余裕があり、その余った部分をいかに生活向上に向けているかということだが、これも言ってみれば競争社会。どれだけ余裕があるか、どれだけ上質な暮らしをしているか、というアピールをすることで、ご近所やネット知り合いの中でのステージが決まるわけです。たぶん。
二子玉川とか白金台みたいな○○ネーゼ、○○マダムが大量発生している街では日々、そういったシバき合いが行われているに違いない。夫の年収は3000万?うち4000万よ?あなたタワマンの36階?うち43階よ、あそこアウディらしいけどうちはマセラティ、みたいな。ナメられないための競争ですね、これは。

それに対してヤンキーのオラオラもナメられないための競争だ。
ヤンキーがのさばる地域は得てしてビンボーであり、二子玉川高島屋の上質カルチャーみたいな物は1ミリも存在しない、メンチ切ったらパイプで殴り合い・角材で殺し合いの世界なわけですが、そんな中でナメられないようにするにはひたすら相手を脅してオラオラすることが有効なので、脅しのある服を着て、脅しのある車に乗るのだ。これも競争社会。お前シンナー吸ってっか?俺トルエン吸ってっぞ?シャブはキマるからやってみっぞ?みたいな。知らんけど。競争なわけです。

マダム達がInstagramやブログで上質を競うのも、ヤンキーがオラオラ服でオラつくことも、自分の立ち位置の確認であり、マウンティングであります。そういう意味では、両者似たようなもの。
こういうのは、どこにでもあるなと。例えば広告代理店な営業系とかの人が、より良いスーツを着るとか、よりハイブランドの腕時計をするとか、高いアウディに乗るいったことも、競争の渦中に身を置いてるからであって、無人島に一人で住んでたらハイブランドの腕時計もアウディも何の意味も無いわけです。

競争がある方が人間磨かれるという一面もあるが、どこで競争するかが重要なのかなと。

10月28日(土) 「MILULARI Halloween Night 2017-MILK BACK DROP Halloween Special-」at 大阪・難波MILULARI

10月28日(土)は、大阪・難波MILULARIにて「MILULARI Halloween Night 2017-MILK BACK DROP Halloween Special-」に、BUBBLE-B feat. Enjo-Gのライブ出演があります!

女性でコスプレ+ツイプラ参加表明でなんと無料!(1DRINK代も不要) とのことで、ハロウィーンだし、来てみれば~??

公式サイトはこちら!!

10月7日(土) 「COMFORT」at 高知ONZO


旅をするようにパーティをして、パーティをするように旅をする。
自腹移動型・モバイルパーティクルー「COMFORT」の第1弾パーティが、10月7日土曜日の高知 ONZOにて開催されます!

今回何と、青島ビール様の協賛がありまして、予約メールをくれた方に青島ビールの瓶を1本プレゼント!
これは見逃してはならない!!
marbleboxkochi@gmail.com

「COMFORT」

at 高知 ONZO
2017.10.07 (Sat) 23:00~

DOOR ¥1,000-
ADV ¥1,000- with 青島ビール

■GUEST LIVE:
tanaka scat

■COMFORT DJs:
BUBBLE-B
シコルスキー
sammy

■KOCHI ACTs:
欲望の不沈艦 Mr.X
Steve&Jobs
ファット&スリム
マクド&ナルド
キタサカバ

■協賛
池光エンタープライズ (青島ビール輸入元)

■ADVお問い合わせ
marbleboxkochi@gmail.com

自腹GROOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOVE!!!!!
そう、旅を楽しむ、パーティを楽しむ、自ら積極的に動く移動型自腹パーティクルー『COMFORT』による初ツアー!!!!!
今回は戻り鰹のシーズンに合わせ京都から「BUBBLE-B」、沖縄より「シコルスキー」、東京から「sammy」のCOMFORTクルー!!!!! ゲストに金沢のハウスマエストロ「tanaca scat」をお迎えし旅感とパーティ感!!!
迎える高知からは謎の怪人、この夜しか見られない「欲望の不沈艦 Mr.X」!!!!! ご存じお馴染み最高な「Steve&Jobs」「マクド&ナルド」「ファット&スリム」の激アツパーティB2Bユニット!!!!! そして自腹グルーヴ21年目の「DJ KITA」と高知のみんなのカバ野郎「かばお」の即席ヒューマニズムB2Bユニット「キタサカバ」いうどの面々もナイスな予感しかしない内容でお送りする夜!!!!!!!!!!!
そして今回は中国の超定番ビール『青島ビール』様による協賛!!!!! なんとADV予約で先着70名に青島の瓶ビール1本プレゼント!!!!!!!!!!! 今すぐADV問い合わせにメールを!!!!!!!!!!

前売りのお問合せ先:marbleboxkochi@gmail.com

8回目の利尻島


もう、何回行ってんの?ってくらい、好きなところ。利尻島。
北海道の北の果てにある、利尻山がそびえる島。
今年6月に行ったばかりなのに、9月にも。


ひたすら青色と緑色。シャープな稜線、澄んだ空気、昆布の香り。
16年前、初めて来た時の感動は、今も同じ。

それ以来、ちょっとしんどい時も、ここに来ると猛烈に癒やされた。


物凄い速さで天気が変わる。
太古の火山活動のエネルギーが息づく。
果てしなく澄んだ海。
ハイパーな自然環境。
色んな条件が奇跡のように重なった場所。


なぜこんなに魅せられるのだろう?
とにかく、いつでも、どの角度からでも、格好良すぎる利尻山。


早朝の静まりかえった姫沼の静寂と、朝焼けに染まる利尻山。


鴛泊港から稚内に向けて出港するハートランドフェリーの第1便が、とても絵になる。


港からふと海を見ると、ウニがゴロゴロ。
ああ、利尻だなぁと思わせる。ただし、取っちゃダメ!


とにかく海が澄んでる。


夜になると降ってきそうな星空。


味楽の焼き醤油ラーメンも最高です。


今回も癒やされました。

去年オープンした「うみねこゲストハウス」、素晴らしい居心地の楽しい場所。大人のミルピス。
今年オープンした「BAR DE CERO」楽しいバー。まさかの利尻でのナイトライフ。新しい出会いがどんどん出来てとても幸せ。
まさかの本格中華「笑う門」。全マ連としてもイチオシしたい陳麻婆豆腐。
居心地の良すぎる「Cafe りしりに恋して」。
成分が濃厚な「利尻ふれあい温泉」。サワサキさんに羨ましがられるレベル。
去年雨が降ってずぶ濡れになって、ポンチョとタオルをくれた、オタトマリ沼レストハウスの「わかさんの店」。覚えていてくれた。
カレーが美味すぎる「グランスポット」。でもいつ行っても閉まってて難易度高い。
利尻町プロデュースの「リーシリーボーイズ」。

楽しすぎます。
来年、何かをやろうと企んでます。

新パーティ始動!自腹移動型モバイルパーティークルー「COMFORT」 第1弾 高知!

自腹移動型モバイルパーティークルー「COMFORT」
第1弾ツアーは戻り鰹に合わせての高知開催!!
詳細発表です!!!

今回なんと、青島ビール🍺様のご協賛がありまして、ADV入場の方先着70名様に青島ビール(瓶)プレゼント!!!

「COMFORT」

at 高知 ONZO
2017.10.07 (Sat) 23:00~

DOOR ¥1,000-
ADV ¥1,000- with 青島ビール

■GUEST LIVE:
tanaka scat

■COMFORT DJs:
BUBBLE-B
シコルスキー
sammy

■KOCHI ACTs:
欲望の不沈艦 Mr.X
Steve&Jobs
ファット&スリム
マクド&ナルド
キタサカバ

■協賛
池光エンタープライズ (青島ビール輸入元)

■ADVお問い合わせ
marbleboxkochi@gmail.com

自腹GROOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOVE!!!!!
そう、旅を楽しむ、パーティを楽しむ、自ら積極的に動く移動型自腹パーティクルー『COMFORT』による初ツアー!!!!!
今回は戻り鰹のシーズンに合わせ京都から「BUBBLE-B」、沖縄より「シコルスキー」、東京から「sammy」のCOMFORTクルー!!!!! ゲストに金沢のハウスマエストロ「tanaca scat」をお迎えし旅感とパーティ感!!!
迎える高知からは謎の怪人、この夜しか見られない「欲望の不沈艦 Mr.X」!!!!! ご存じお馴染み最高な「Steve&Jobs」「マクド&ナルド」「ファット&スリム」の激アツパーティB2Bユニット!!!!! そして自腹グルーヴ21年目の「DJ KITA」と高知のみんなのカバ野郎「かばお」の即席ヒューマニズムB2Bユニット「キタサカバ」いうどの面々もナイスな予感しかしない内容でお送りする夜!!!!!!!!!!!
そして今回は中国の超定番ビール『青島ビール』様による協賛!!!!! なんとADV予約で先着70名に青島の瓶ビール1本プレゼント!!!!!!!!!!! 今すぐADV問い合わせにメールを!!!!!!!!!!

前売りのお問合せ先:marbleboxkochi@gmail.com

REMIXベスト「リミックスやくざが君を追いかける」9/9リリース!


突然の新譜告知!!
BUBBLE-B活動17周年企画!
REMIXベスト「リミックスやくざが君を追いかける」
BandcampとiTunesで9/9緊急リリース!

古くは「BUBBLE FEVER」「ぞっこん!バーベキュー」から「バブルBのビッグ・バン」「ガモリ」「ガモリ2」「レジャーやくざは君に語りかける」、その他配信用タイトルに収録されていた様々なアーティストによるREMIXと、本作エクスクルーシブとなる「爆走ミニバン」の高野政所によるREMIXを収録した大盛りREMIXアルバム。そしてBandcamp版にはボーナストラックとして「がんばれ!!佐吉っつぁん」のドラびでおREMIXも収録した30曲超のスペクタクルクドいアルバム!

ジャケットは今回も 村上 健 (Ken Murakami)さんです!!
Bandcampのページはこちら

リミックスやくざが君を追いかける

01.爆走ミニバン ~Highway Star~ (956Remix by 高野政所)
02.爆走ミニバン ~ミッドナイト・ドライブ・バラード~ (Covered by 吉田純也)
03.Yo! Sexy Girl (Remix by 3DNow)
04.Yo! Sexy Girl (Enjo-Gのあっ!とコスメ Remix by BUBBLE-B)
05.プカプカスモーキング (Remix by 3R2)
06.Enjo-Gのシャッシャッシャッ (Remix by DJ Shimamura)
07.Enjo-Gのシャッシャッシャッ (After Death Remix by Chocoxina)
08.バリバリスナック (ナシゴレン味 FUNKOT Remix by BUBBLE-B)
09.セットでドリンクバー (Remix by グルーヴあんちゃん)
10.走りのセダン ~Driving Pleasure~ (Remix by Groovetune)
11.ぞっこん!バーベキュー (Remix by Shex)
12.34 (Remix by Asohgi)
13.Anarchy In The ODWR (探検!ぼくのハマチMix by Salchok)
14.ZANSHIRO (キイロミックス by Mad Yellow)
15.MOMOOWY (Remix by スペランカーズ)
16.ぞっこん!バーベキュー (スマイルハンターズのバーベキュー by スマイルハンターズ)
17.ぞっこん!バーベキュー (LBTのバーベキュー by LBT)
18.ぞっこん!バーベキュー (ゴリラアディクトのバーベキュー by ゴリラアディクト)
19.ぞっこん!バーベキュー (オレンジャーズのバーベキュー Golden Knighters A Go Go Mix by オレンジャーズ)
20.ぞっこん!バーベキュー (溺死博物館のバーベキュー by 溺死博物館)
21.ぞっこん!バーベキュー (Traffic932のバーベキュー by Traffic932)
22.ストップ・ザ・BBQ (Answer from レオパルドン)
23.地獄のバーベキュー (feat. 下條スープレックスホールド)
24.BUBBLE FEVER 1990 (JK Remix by とばしや)
25.BUBBLE FEVER 1990 (Ah, Oh, Oh Mix by BUBBLE-B)
26.BUBBLE FEVER ’89 (Remix by スマイルハンターズ)
27.BUBBLE FEVER 1990 (DJ Shimamura’s Masochistic Remix)
28.BUBBLE FEVER 1990 (Can’t You Fallin’ Bubble Mix feat. EPわたん Remix by 黒川電器)
29.BUBBLE FEVER 1990 (Remix by Neon Genesis Gabbangelion)
30.BUBBLE FEVER 1990 (Remix by 溺死博物館)
31.BUBBLE FEVER 1990 (Covered by みやっち)

Bandcamp bonus track: がんばれ!!佐吉っつぁん (Remix by ドラびでお)

どっちなんだ、田嶋!?

「ギャンブルもしない男は、つまらん男だぞ」

とは、大学時代にバイトしていたブックオフの店長・田嶋の名言。酒に酔ったら必ず言った。

皆さん、ギャンブルしてますか。ギャンブルもしない、つまらん男になってませんか?

僕はもう、つまらん男で大結構。ごめんよ、田嶋店長! こんなつまらん男がバイトしてて。
あれからン年経ったが、僕は相変わらずつまらぬ男のままだ。

競馬やらない。
競艇やらない。
競輪やらない。
オートレースやらない。
パチンコやらない。
麻雀やらない。
株やらない。
FXやらない。
宝くじ買わない。
ロト6買わない。
toto買わない。

超つまらぬ男となってしまった。ごめんよ田嶋。ごめんよ涙。

でも、(例外あるが)確率として損する確率の方が多いものを、なぜやるのか? もっと効率的に金を稼ぐ方法など、いくらでもあるだろう。

…というツッコミは「無粋」なのだと、最近少し分かってきた。プロレスを見て「あれはヤラセだろ」と言うのと同じくらい無粋だと。

このン年の間に、さまざまな人と出会った。さまざまな分野のプロがいた。
僕が出会った彼らのように、ギャンブルに本気で取りかかる人は、自分のやっている事をギャンブルだとは微塵とも思っていなかった。

広義でのギャンブルは上記リストになるが、狭義のギャンブルは「さいころを振って出た目に金かける」完全にランダムな要素のことを言う。
それぞれにどういう勝ちパターンや勝ちロジックがあるのか、詳しくは知らないが、とにかく上記全ては「ギャンブルではなくなる」のだ。
それは、ギャンブルをやらない人間には一生分からない世界だ。

ある競馬好きの同僚がいた。
彼は、競馬はギャンブルじゃない、と言っていた。勝つにはロジックがあるのだと。だから毎日、競馬ブックだのエイトだのという競馬新聞に目を通し、色鉛筆で馬にチェックを入れるのだ。ソフトウエア工学にも精通していた彼は、自作の競馬予想ソフトをVisual Basicで作り、自分で利用していた。勝率は7割だという。ギャンブルではないのだ。
では、負けた時に彼はどう言ったか。

「負ける時もある。でも、競馬場という場所の雰囲気はいいし、芝は綺麗だし、パドックで間近で見る競走馬のたてがみは綺麗なものなんだ。それに対して支払う金、いわば入場料のようなものなんだよ。」

そう、競馬はギャンブルではないのだ。

でも僕は彼の話を聞けば聞くほど、勝ちパターンが見えなくなっていった。これは、僕が手を出して、とても勝てるものではないと悟った。
彼は毎週月曜日の昼時には、会社の休憩室で弁当を食べながら、前日のレースに一喜一憂していた。5~6年会っていないが、元気だろうか。

つまり、このようなロジックは全てのギャンブルに対して言える。

競馬はギャンブルではない。
競艇はギャンブルではない。
競輪はギャンブルではない。
オートレースはギャンブルではない。
パチンコはギャンブルではない。
麻雀はギャンブルではない。
株はギャンブルではない。
FXはギャンブルではない。
宝くじはギャンブルではない。
ロト6はギャンブルではない。
totoはギャンブルではない。

一般的に見たら、株だってギャンブルだ。勝つか負けるか分からない、運の要素があるものは全てギャンブルだろう?
だが、トレーダーとも言われる株の専門家は、全くギャンブルだと思っていない。勝つ、負ける、全てに理由を付ける。大損こいた時も、「高い勉強代を払ったと思えばいい」と、言うだろう? 経済の勉強であると。
それでも、一般の素人より勝率は高いのだろう。

やるなら、勝つまでやる。そしてさらに勝つ方法を考える。
つまり、ギャンブルではないのだ。

この世にギャンブルなぞ、存在しないのだ。ギャンブルだと思った時点で、手を出さない方がいい。100%確率論に支配される世界に行けば、絶対に負けるから。相手は商売だ。

それでも「ギャンブルもしない男はつまらない」のだろうか?
ギャンブルをギャンブルのまま何となくやっている男は、確率論に左右されてるだけなのに、そこに金を出すことで「男として大きな勝負」をするから「つまらなくない男」だと言うのか?

どっちなんだ、田嶋!?

九州ロングドライブ

神戸港から宮崎港までフェリーがあるんです。

鬼の洗濯板。絶景とはこのこと。

人吉のあたりを通過して、天草まで行っちゃいました。

天草では、たなか畜産に! A5牛肉食べ放題です。

天草でのイルカウォッチングって、本当に感動します。

天草の名店「奴寿司」。

天草四郎の銅像。この人、めちゃくちゃ若くして亡くなってます。

その後フェリーで島原に渡り、長崎へ。自分の車で長崎を走れるなんて感動。

大村湾の夕日が綺麗過ぎた。

夜は佐賀の唐津へと、イカを食べに。

翌日は湯布院へ。凄い温泉の数々。

別府に到着。

とてつもない鯖のお造りを頂きました。

フェリーで愛媛の三崎港に渡り、しまなみ海道経由で京都に戻りました。

多くの発見に恵まれました。